スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

韓国合宿! 2日目!

みなさん!こんにちは!
あっという間に9月になりました!長いはずの夏休みも終わってしまい、大学の後期の授業も始まりました…!


さて今回も引き続き、
姉歯ゼミ夏合宿の様子をお伝えします!!2日目はゆりが担当します!

2日目はどんなことがあったかというと…
西大門刑務所歴史館  ↓ 戦争と女性の人権博物館の見学  ↓ 自由行動を経て… ↓      現地の方々(詳細は改めて!)との夕食会
…この日もまた盛りだくさんな1日でした!


見学地の内容はヘビーなものが多いのですが、歴史の事実を確認することが今回の合宿のひとつの目的でもあったので、お付き合いいただけたら幸いです!

前半は見学メインの「学習編」、
後半はその後の「自由行動・夕食会編」と題して書き進めたいと思います!

写真も合わせながら紹介していきます!


~学習編~
まずは…


名前からも分かるように、
もともとは刑務所として実際に使われていた場所です(1908〜1987年)。


日本の占領化時代は「京国監獄」という名称で

日本の植民地下では日本からの独立を目指す運動を起こそうとした人、
光復(日本からの独立)後は民主化運動家といった人々が収容されました。


姉歯先生がおっしゃった「韓国に行ったらここには行くべき」という意味が、
見学後、少し分かった気がします。


ここでは私が特に印象に残ったことを3つ挙げたいと思います。

牢屋や絞首刑場、当時の資料…多くのものがありましたが、
一番は、拷問部屋です。

本などで「拷問があった」といった表現を見ることはありましたが、
実際に再現されたコーナーで、目の前にするとこう…言葉にできないような思いがこみあがってきました。


2つ目は、メモリアルホールという、5000もの受刑記録表を通して、西大門刑務所で獄苦を経験して殉国した独立運動家を記録を通しその歴史を振り返る場所です。


単に数字で「5000」と記載されているよりもインパクトが強いのだろうなと思いました。


3つ目は、外にあった「大韓獨立」の文字です。
写真に写っている物自体は展示物ではないのですが、

当時のまま残っているものだからこそ、

国民の意志、これが当たり前だったのだろうな…などと考えさせられました。



もう1つの見学地は
戦争と女性の人権博物館というところです。


ここは国立の博物館というわけではなく、
多くの人からの援助を受けて民間で…

新ゼミ生紹介シリーズ③

少し間が開いてしまった、新ゼミ生紹介シリーズです。
このシリーズも3回目、全6回の予定なのでいよいよ折り返し地点に入りました。
今回の主役はしっかり者のひぐちちゃんです。

※H…ひぐちちゃん、T…たかばたけ

T:今日のゲストはひぐちちゃんです。よろしくね!


H:はい、よろしくお願いします!


T:まずはみんなに聞いている、姉歯ゼミに入ろうと思った理由を教えてください。


H:今まで1つのことに真剣に向き合った経験が少なく、大学では打ち込める何かを探していました。そんな中、去年の秋に姉歯ゼミを知りました。ブースで先輩方が丁寧にゼミ活動の説明をして下さり、大変だけどやる価値はある、と言い切っている姿がとてもかっこよかったのを覚えています。ゼミ活動は私が探していた大学で打ち込めることだと思いました。


T:あの時のことはよく覚えてます。ひぐちちゃんひとりで説明会に来ていたから「お、この子は入ってくれそう」って思ってました。


H:そうだったんですか!見事に入らせていただきました。


T:入ってから3か月以上たちますが、今のゼミの感想は?


H:春休みから春合宿にかけて行った初めてのレジュメ作成は右も左もわからない状態でしたが、先輩方のご指導で何とか形にすることができました。たくさんの資料を探すこと、本を読むこと、それをまとめる作業は大変でした。でも、春合宿を終えると何とも言えない達成感がありました。それと同時に、自分の知識の浅さを改めて感じ、これからいろんなことを知って、見て、吸収したいと思いました!


T:大変でもその達成感を感じられたのは先輩として嬉しい限りです。今のゼミには留学生がいるからその話も面白いよね。


H:はい、中国からの留学生の話や、視点が違う意見、簡単な中国語を教えてもらえて勉強になりました。厳しいだけでなく、そういった交流もあって楽しい!と思いました。


T:それは私も含めてゼミ生皆が感じていることだね。次の質問は少しゼミの話から離れて、大学生らしい質問を。大学内外で課外活動やサークル活動などしていれば教えてください。


H:はい、1年の頃からスキューバダイビングのサークルに所属しています。インカレなので駒澤大学の学生だけでなく、他大学の学生も一緒に活動しています。夏は沖縄の海で潜ったり、冬になるとダイビングはお休みしてスキーやスノボをしに行ったりします。みんなダイビングや楽しいことが大好きな仲間たちなので興味がある学生さんはぜひ!なんだかサークルの勧誘のようになってしまいましたが、スキューバダイビングおすすめです。



ポストカードに出来そう

カクレクマノミと記念撮影


T:すごく綺麗な写真!見てるだけでスキューバダイビングやってみたくなりました。スキューバダイビングのサークルに入りたい方はひぐちちゃんまでご連絡ください。(笑)
他大学の学生と交流が持てる点でインカレって有意義だね。他にひぐちちゃんを知ってもらううえで伝えたいことはありますか?


H:とにかく食べることが好きなので美味しいものを日々探しながら生活しています!が、夏も近いので最近はセーブしています()でも、みなさんお気に入りグルメがありましたら教えてください!


T:動いて食べればセーブすることもないよ(笑)アイスなら新作も含めておすすめしたいのがあるから今度教えます。


H:ぜひお願いします!


T:ひぐちちゃんの人となりが見えてきたところで、まじめな質問に戻ります。今後取り組みたい研究テーマなどは?


H:取り組みたい研究テーマはまだ決まっていませんが、春合宿で取り組んだ保育園問題から問題提起としてあがったジェンダー問題に少し興味があります。といってもまだまだ知識が浅いので色々なことを知りたいです。そのためにも起きている問題にアンテナを張りながら生活したいです。


T:なるほど。保育園問題から派生してジェンダー問題に興味を持ったんだね。そうやって問題意識を持てることがすごいと思います。ゼミで勉強していく中で掘り下げられたらいいね。では、最後にゼミ生に向けてメッセージをお願いします!


H:至らない部分も多いとは思いますが、みなさんと学んで、たくさんのことを知りたいです。自分にとっても、みなさんにとっても実りのあるゼミ活動になるように一生懸命頑張ります。これからもよろしくお願いします!!


ひぐちちゃんの知的好奇心と向上心に励まされたたかばたけでした。
次回の新ゼミ生紹介もお楽しみに。


たかばたけ

コメント