スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

韓国合宿! 2日目!

みなさん!こんにちは!
あっという間に9月になりました!長いはずの夏休みも終わってしまい、大学の後期の授業も始まりました…!


さて今回も引き続き、
姉歯ゼミ夏合宿の様子をお伝えします!!2日目はゆりが担当します!

2日目はどんなことがあったかというと…
西大門刑務所歴史館  ↓ 戦争と女性の人権博物館の見学  ↓ 自由行動を経て… ↓      現地の方々(詳細は改めて!)との夕食会
…この日もまた盛りだくさんな1日でした!


見学地の内容はヘビーなものが多いのですが、歴史の事実を確認することが今回の合宿のひとつの目的でもあったので、お付き合いいただけたら幸いです!

前半は見学メインの「学習編」、
後半はその後の「自由行動・夕食会編」と題して書き進めたいと思います!

写真も合わせながら紹介していきます!


~学習編~
まずは…


名前からも分かるように、
もともとは刑務所として実際に使われていた場所です(1908〜1987年)。


日本の占領化時代は「京国監獄」という名称で

日本の植民地下では日本からの独立を目指す運動を起こそうとした人、
光復(日本からの独立)後は民主化運動家といった人々が収容されました。


姉歯先生がおっしゃった「韓国に行ったらここには行くべき」という意味が、
見学後、少し分かった気がします。


ここでは私が特に印象に残ったことを3つ挙げたいと思います。

牢屋や絞首刑場、当時の資料…多くのものがありましたが、
一番は、拷問部屋です。

本などで「拷問があった」といった表現を見ることはありましたが、
実際に再現されたコーナーで、目の前にするとこう…言葉にできないような思いがこみあがってきました。


2つ目は、メモリアルホールという、5000もの受刑記録表を通して、西大門刑務所で獄苦を経験して殉国した独立運動家を記録を通しその歴史を振り返る場所です。


単に数字で「5000」と記載されているよりもインパクトが強いのだろうなと思いました。


3つ目は、外にあった「大韓獨立」の文字です。
写真に写っている物自体は展示物ではないのですが、

当時のまま残っているものだからこそ、

国民の意志、これが当たり前だったのだろうな…などと考えさせられました。



もう1つの見学地は
戦争と女性の人権博物館というところです。


ここは国立の博物館というわけではなく、
多くの人からの援助を受けて民間で…

新ゼミ生紹介シリーズ①

みなさんこんにちは。
今回はあたためていた企画、「新ゼミ生紹介シリーズ」をお届けします。
姉歯ゼミを選んだ勇者はどんな人たちなのか、気になるところですね。
トップバッターはブログ更新を担当するゆりちゃんです。では早速いってみましょう!


※T…たかばたけ、Y…ゆりちゃん

T:ゆりちゃん、姉歯ゼミへようこそ。


Y:はい!ありがとうございます。よろしくお願いします。


T:よろしくね。まずは一番気になることから聞こうかな。姉歯ゼミに入ろうと思った理由はなんでしょう?


Y:理由は2つあります。1つは、大学パンフレットに載っていた姉歯ゼミのページを見て駒澤大学の商学科を選んだから、もう一つはご縁があって佐渡の集落活性化事業に同行させていただき、楽しかったということはもちろん、その前からのゼミ生の皆さんの取り組み方や雰囲気に惹かれたからです!


T:そんな風に思って姉歯ゼミを選んでくれたことが嬉しいですね。どんどんいきますよ。
姉歯ゼミに入って2ヶ月以上が経ちます。今のゼミの感想を教えてください。


Y:春休みのレジュメ作成では本を読み、分からないことを調べ、その中でも分からないことがあり、また調べて…それの繰り返しでした。レジュメを作ることがこんなに大変だとは思ってもいませんでした。初めてのことだらけで先輩方にはたくさん助けていただきました。それから、他の新ゼミ生の頑張っている姿を見て刺激を受けもっと頑張ろうと思えました、ありがとう!刺激し合える環境、先輩、同期に出会えたことは本当に感謝です。これからも宜しくお願いします!!


T:私も姉歯ゼミに入ったばかりの頃の分からないループにはまったのを思い出しました。(笑)それでもゆりちゃんは選んだテーマに関連する本を読み、調べたものを簡潔にまとめ、皆に分かりやすいように発表していたよね。その姿に私も刺激を受けて頑張らないとマズいなと思ったよ。


Y:本当ですか?そう言っていただけてとても有難いです。


T:これがゼミの醍醐味だね。少し質問の方向性を変えて、ゆりちゃんが最近ハマっているものなどあれば教えてください。


Y:最近はたい焼きにハマっています。もともと甘い物は好きですが、今は特にこれです!



私は頭から派ですが、最後の尻尾まで餡がいき、しっかり味わえるところが好きです。
甘い物はもちろん、食べ物が美味しいと幸せを感じます。


T:たい焼きとはまた和なテイストだね。私も頭から食べる派です。話を進めていくね。
今年楽しみにしていることは何かありますか?


Y:誕生日が来てお酒が飲めるようになることがすごく楽しみです!単純にお酒とお酒に合う美味しい食べ物、そして人と会う機会や交流が増えてより親しくなれそうだなと期待しています。


T:20歳になる人のほとんどに共通する楽しみだね。ゆりちゃんや20歳になるゼミ生と一緒に飲めることを楽しみにしているよ。


Y:ありがとうございます!


T:少し先の話になるけれど、将来は何になりたい?


Y:正直に言えばなりたい職業は決まっていないです。しかし、どんな職業にもコミュニケーションは不可欠だと思うので、どんな分野・内容で人と関わっていきたいか…で職業を考えています。今考えているのは「伝える仕事」です。具体的には描けていませんが、普段見落としがちだけど大切な何かを伝えられたらいいなと思っています。


T:思わず深イイレバーを押したくなりました。大切な何かを見つけることで将来何になりたいかが見えてきそうだね。では最後にゼミ生に向けてメッセージをどうぞ!


Y:足りないものは多いですが、沢山の知識、経験を吸収していきたいです。
目標は「学ぶことが楽しいともっと思えるようになること」です!
口数は多い方ではありませんが、ゼミ生の皆さんとたくさんお話したいので、ぜひ声をかけてください!改めてよろしくお願いします。



以上、ゆりちゃんの紹介でした!次回は寿司職人(!)が登場します。お楽しみに。


たかばたけ

コメント