スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

韓国合宿! 2日目!

みなさん!こんにちは!
あっという間に9月になりました!長いはずの夏休みも終わってしまい、大学の後期の授業も始まりました…!


さて今回も引き続き、
姉歯ゼミ夏合宿の様子をお伝えします!!2日目はゆりが担当します!

2日目はどんなことがあったかというと…
西大門刑務所歴史館  ↓ 戦争と女性の人権博物館の見学  ↓ 自由行動を経て… ↓      現地の方々(詳細は改めて!)との夕食会
…この日もまた盛りだくさんな1日でした!


見学地の内容はヘビーなものが多いのですが、歴史の事実を確認することが今回の合宿のひとつの目的でもあったので、お付き合いいただけたら幸いです!

前半は見学メインの「学習編」、
後半はその後の「自由行動・夕食会編」と題して書き進めたいと思います!

写真も合わせながら紹介していきます!


~学習編~
まずは…


名前からも分かるように、
もともとは刑務所として実際に使われていた場所です(1908〜1987年)。


日本の占領化時代は「京国監獄」という名称で

日本の植民地下では日本からの独立を目指す運動を起こそうとした人、
光復(日本からの独立)後は民主化運動家といった人々が収容されました。


姉歯先生がおっしゃった「韓国に行ったらここには行くべき」という意味が、
見学後、少し分かった気がします。


ここでは私が特に印象に残ったことを3つ挙げたいと思います。

牢屋や絞首刑場、当時の資料…多くのものがありましたが、
一番は、拷問部屋です。

本などで「拷問があった」といった表現を見ることはありましたが、
実際に再現されたコーナーで、目の前にするとこう…言葉にできないような思いがこみあがってきました。


2つ目は、メモリアルホールという、5000もの受刑記録表を通して、西大門刑務所で獄苦を経験して殉国した独立運動家を記録を通しその歴史を振り返る場所です。


単に数字で「5000」と記載されているよりもインパクトが強いのだろうなと思いました。


3つ目は、外にあった「大韓獨立」の文字です。
写真に写っている物自体は展示物ではないのですが、

当時のまま残っているものだからこそ、

国民の意志、これが当たり前だったのだろうな…などと考えさせられました。



もう1つの見学地は
戦争と女性の人権博物館というところです。


ここは国立の博物館というわけではなく、
多くの人からの援助を受けて民間で…

Column 1231ーBojexit(ボジェグジッド)はいつかー

新年一発目のブログです。
今年もよろしくお願いします。


そして今年一発目は、久しぶりの「Column 1231」コーナーです。


今回は日銀の金融政策について少し考えてみたいと思います。
筆者は日銀ウォッチが趣味なので。


まずこのタイトルのBojexit(ボジェグジッド?発音は不明です)、何のことでしょうか?


おそらく分かる方はほぼいないでしょう。


なぜなら筆者のオリジナル造語なのです。
(その後、検索してみたら一部ブログで使っている人いましたが、パクリではありません!)

これ、何の造語かというと、日銀を表すBOJ(Bank of Japan)と出口を表すExitを掛け合わせたものです。(イギリスのEU離脱、ブレグジッドみたいなやつです)

いうならば日銀の金融政策における出口戦略のことを指しています。


出口戦略というのは、現在行われている金融政策をいかに引き上げていくか、という問題のことです。

一般的には出口戦略には以下の2パターンがあります。

①金利の引き上げ(利上げ)

②買い入れ資産の縮小もしくは停止(これをtaperingテーパリングといいます)

基本的にはこのどちらか、もしくは両方を行うことを金融政策の出口戦略と呼びます。


アメリカの中央銀行であるFRBは①②両方、ユーロ圏の中央銀行であるECBは②の方向で動いており、着々と出口へと進んでいます。

その一方、欧米の中央銀行に比べて、日銀はいまだにこの出口に至れない、というのが世間一般の見解でしょうか。


しかし、あまり知られていない(かは分かりませんが)ことですが、日銀はすでに出口戦略に移っているという見立てもあります。

その契機は2016年9月に日銀が金融政策の方向性を変更していることにあります。


これまでの日銀の政策目標は主にマネタリーベースを積みますために、年間、一定額の国債を買い入れることを目標としていました。

この年間の量に達するまで国債を買い続けることで、銀行に資金を供給し、そこからさらに実体経済への資金の流入を狙っていました。

しかし、2016年9月の政策変更以降、政策の目標が国債の量から金利へと変更されています。

具体的には国債を短期金利でマイナス0.1%付近、長期金利で0%付近を目標に政策を実行していくということになりました。

その結果、現状ではすでにこの金利水準を維持できているので、必要以上の国債の買い入れを抑制しており、実際に日銀の国債買い入れ量というものは減少しています。(2017年において)

つまり、先の出口のパターンで言うと、②の買い入れ資産の縮小というテーパリングをすでに行っているという見立てもできます。

ちなみに、こうした国債の買い入れ減額を発表はしなくとも、こっそりとその買い入れ量を減らしている状況は、ステルステーパリングなどとも呼ばれています。


そのため、出口戦略をどのようにとらえるかにもよりますが、テーパリングの観点から見れば、日銀はすでに出口へと向かっていると考えられるのではと思います。

2016年9月の金融政策の変更は報道ではあまり注目されていませんが(もちろん経済誌や専門家の間では周知のことですが)、個人的にはこの変更は現在の金融政策において一つのターニングポイントではないかと考えています。


では実質出口戦略を取っている日銀が、なぜこのようにこっそりと買い入れの縮小を行っているか、という点が重要です。ここに現在の日銀が抱えるジレンマがあります。


日銀の最終的な金融政策の目標は「2%のインフレ目標」にあります。


先に述べたような、金融政策にて量を目標とするとか、金利を目標とするとかは、ある意味でこの最終目標を達成するための手段と考えればよいでしょう。

そのため、日銀としてはこの2%のインフレ目標に到達しない限り、口が滑っても「出口戦略を考えている」などとは言えません。

しかし、この2%のインフレというのは、現実的には難しい水準であり、よほど原油価格が上昇するか、賃上げが達成されるかという要因などがないと、なかなかこの水準までは到達ができないと思います。

それならば、この目標値を下げればいいのでは、と思うかもしれませんが、そうとも行かないところに日銀のジレンマがあります。


現在の日銀の金融政策を支える柱に、「期待に働きかける」という要素があります。


具体的には、日銀がインフレ目標2%を掲げることで、人々の間に「この先、インフレが起きそうだ」というインフレ期待というものを生じさせること、これが現在の政策の肝となります。

それによって、実質金利(実質金利=名目金利ー期待インフレ率)を下げ、企業の投資を促し、景気の好循環を生じさせ、実際にインフレ2%を達成させる、というのが日銀の描く理想のシナリオです(たぶん)。

このシナリオの大元となるインフレ期待を生じさせるためには、インフレ2%目標というものは譲れない目標であり、ある意味でこの目標値を否定してしまうと、これまでの日銀の政策そのものを否定する事態になります(といったら言い過ぎでしょうか)


しかし、その一方で、こうした金融政策が長引くことによる副作用やリスクについても言及され始めています。

おそらく、日銀はこうした副作用に対処しつつ、かつ現在の金融緩和スタンスを維持するという難問をクリアする手段として、現在の量から金利への政策変更、そしてステルステーパリングという実質的な出口戦略を行っているのだと思います。
(もちろんこうした動きを出口戦略とは見ない意見もあります)


筆者としては、今後の金融政策の正常化に向けて、まずはこのインフレ目標の水準を引き下げることが大切ではないかと思います。

ただ、少なくとも、現在の黒田総裁の下では目標の引き下げはありえないと思いますので、4月の任期満了時点で次の総裁に変わった際に、何かしら理由をつけてこのインフレ目標を変更するというのが現実的かと思います。

とはいえ、黒田総裁再任という観測も強いですので、そのあたりはどうなるか、というところでしょうか。

個人的には、やはりインフレ目標2%という足かせをはめたままでは、日銀の機動力はぐっと下がってしまうので、この目標の変更が重要ではないかと考えています。




というように、最近ブログのネタがなかったので、ちょっとした暇つぶしの気持ちで書いていましたが、気が付くとかなり長文になってしまいました。


まあ大して面白くもない内容ですが、タイトルの造語だけでも覚えていってください。
もしこの先、メディア等で使われるようになったら、このブログから引用されることを期待しています。


最後にポイントとしてまとめると、以下の2点でしょうか。

・日銀はすでに出口戦略を実行している(と筆者は考える)

・インフレ2%の目標の変更が必要


日銀の政策は昨今、複雑で横文字ばかり多用するようになっていますが、これからもできる範囲で追っていければと思います。


miya




コメント