スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

韓国合宿! 2日目!

みなさん!こんにちは!
あっという間に9月になりました!長いはずの夏休みも終わってしまい、大学の後期の授業も始まりました…!


さて今回も引き続き、
姉歯ゼミ夏合宿の様子をお伝えします!!2日目はゆりが担当します!

2日目はどんなことがあったかというと…
西大門刑務所歴史館  ↓ 戦争と女性の人権博物館の見学  ↓ 自由行動を経て… ↓      現地の方々(詳細は改めて!)との夕食会
…この日もまた盛りだくさんな1日でした!


見学地の内容はヘビーなものが多いのですが、歴史の事実を確認することが今回の合宿のひとつの目的でもあったので、お付き合いいただけたら幸いです!

前半は見学メインの「学習編」、
後半はその後の「自由行動・夕食会編」と題して書き進めたいと思います!

写真も合わせながら紹介していきます!


~学習編~
まずは…


名前からも分かるように、
もともとは刑務所として実際に使われていた場所です(1908〜1987年)。


日本の占領化時代は「京国監獄」という名称で

日本の植民地下では日本からの独立を目指す運動を起こそうとした人、
光復(日本からの独立)後は民主化運動家といった人々が収容されました。


姉歯先生がおっしゃった「韓国に行ったらここには行くべき」という意味が、
見学後、少し分かった気がします。


ここでは私が特に印象に残ったことを3つ挙げたいと思います。

牢屋や絞首刑場、当時の資料…多くのものがありましたが、
一番は、拷問部屋です。

本などで「拷問があった」といった表現を見ることはありましたが、
実際に再現されたコーナーで、目の前にするとこう…言葉にできないような思いがこみあがってきました。


2つ目は、メモリアルホールという、5000もの受刑記録表を通して、西大門刑務所で獄苦を経験して殉国した独立運動家を記録を通しその歴史を振り返る場所です。


単に数字で「5000」と記載されているよりもインパクトが強いのだろうなと思いました。


3つ目は、外にあった「大韓獨立」の文字です。
写真に写っている物自体は展示物ではないのですが、

当時のまま残っているものだからこそ、

国民の意志、これが当たり前だったのだろうな…などと考えさせられました。



もう1つの見学地は
戦争と女性の人権博物館というところです。


ここは国立の博物館というわけではなく、
多くの人からの援助を受けて民間で…

中間報告の準備に明け暮れた夏休み


みなさんこんにちは気づけば8月が終わってしまいました。
今週末から大学が始まるということがにわかに信じられない高畠です。
このブログを読んでいる皆さんは楽しい夏休みを過ごされましたか?


私たち姉歯ゼミ生は夏合宿が終わり、夏休み突入!ではありませんでした。()夏合宿が終わった後に待っていたのは、新潟県庁で行われる中間報告会の資料作成です。この夏合宿には続きがあります。そもそも夏合宿を佐渡で行った理由としては、昨年からのプロジェクトの一環として新潟県からの受託研究である「大学生の力による地域活性化」を進めるためでした。そして今年も、夏合宿で行ったことを中心にパワーポイントで私たちの活動をまとめる作業を行いました。この資料作成が終わって初めて夏合宿が終わったといっても過言ではありません。


今回のブログは中間報告会の準備の様子をお伝えします!
夏合宿終了後、週に1度は集まって話し合いをしました。具体的には、夏合宿を通しての反省と昨年と今年の集落内における変化についてゼミ生で意見交換を行いました。


振り返り中

意見交換をしたのち、各自で進めたプロジェクト別に今回の合宿を通しての活動報告とその成果、課題についてパワーポイントにまとめる作業を行いました。高畠は看板・案内板制作について、先輩方は昨年と今年の活動の比較とともに、パンフレット、ウェブサイト、竹灯籠の実施、また全体を通しての成果と課題について試行錯誤を繰り返しながら形にしていきました。高畠にとってはほぼ初めてのパワーポイント作成になり、姉歯先生や先輩方のアドバイスをいただきながらなんとか完成!(姉歯ゼミにいるから経験できることかもしれません。)


さて、完成したところで、そのまま県庁に提出!ではありません。
他のゼミ生や院生の方、合宿に参加してくれた1年生の由利さんにも集まってもらい、中間報告のデモンストレーションおよび、発表を聞いた中で分かりづらい点、改善したほうが良い箇所について意見交換を行いました。客観的な視点から多く意見をいただき、また作成時には見落としていた部分もあったので修正箇所など明確にすることができました。






ここまでのプロセスを経て、無事に中間報告会に向けての準備が整いました!合宿から帰ってきてわずか2週間ほどの期間でなかなかハードでしたが、地域活性化プロジェクトの前半戦はここで一区切りとなりました。


中間報告会は922日に新潟県庁にて行われます。
当日まではゼミの時間やそのほかの時間を利用し、発表練習と質疑応答の準備に取り組んでいきます。中間報告会当日の様子は後日まとめて報告いたします!


では次回のブログ更新をお楽しみに。
次回は久々の番外編をアップしたいと思います!!!

高畠










コメント