スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

講演会を終えて・・・

みなさん!こんにちは!!

7月ももうすぐ折り返し地点!
大学生にとってはレポートや試験に追われる時期ですね...


さて!

先日、7月10日に
お伝えしていた講演会が行われました!!

その様子をお伝えしていくのですが・・・

「とにかく参加できて良かった」 「歴史を学ぶ意義を改めて感じた」
そのように考えさせられた講演会でした!



講演の内容を簡単にまとめたいと思います!

まず内容です
今回の講演会のテーマの通り「韓国の歴史」と「民主化運動について」でした。


歴史(三国史~朝鮮王朝、日本による占領前後)、民主化運動について

三国志~朝鮮王朝の特徴
1,身分制度:両班(ヤンバン)制、賎民→結婚、職業選べない
2,儒教(儒学)思想
3.農業 :商業等は発達しなかった、農業が高度になったあと貧富の差が拡大した

 ⬇ 日本が朝鮮に対して不平等な条約を押しつけ開国(1876年)

1910年 日本による朝鮮併合

 ⬇ 

1919年 三・一独立運動 ←韓国の現代史に大きく影響!!
始めは北部都市のデモ→全国へ拡大
日本の憲兵の弾圧に対して抵抗し激化した

→独立には至らなかったが、その後に大きな影響を与えた

1930年代
日本が戦争を始め、朝鮮への支配が高まった
→慰安婦の問題等今も残っている

日本の監視によってハングル、歴史、名前がなくされた

 ⬇ 日本からの解放後・・・

第二次世界大戦の終わり→冷戦によって朝鮮戦争へ(1950~52)



政治に関して

1987年6月、光州で始まった「民主抗争

民主化以後の20年間・・・
金大中(キムデジュン)大統領の太陽政策など
言論の自由(民主化)の始まり

2008年~2017年:冷戦の考え方(民主化ダウン)
(李明博(イミョンバク)大統領、その後の朴槿恵(パククネ)大統領)


 ⬇

民主化運動

きっかけ:チョッブル(ろうそくの火)デモ(2016~17年)
参加者は若い人が中心!
→若者、学生、小さな子供を連れた親など

韓国の国民自身が、戦争ではなく平和の道へ歩み出した!!


金先生が繰り返し強調していたことが・・・


「冷戦から平和へのパラダイム転換が大切」 「そのために南北間のコミュニケーションが必要」
ということでした!


今回の講演会で様々をなことを考えさせられました!
私は、韓国と日本での若者の政治の参加(金先生は「参与」とお話されていました)の違いに大変…

夏合宿レポ4日目

みなさんこんばんは。最近ブログ更新を放置していた高畠です。7月にブログをアップできなかった分8月は挽回したいと思います!
では4日目の合宿の様子を報告していきます。

四日目は9時半から作業を開始しました。まず竹灯籠の作業では、竹が実際に刺さるかどうか試してみました!



その後は姉歯先生と高畠で戦没者の方の名前と行年、屋号を書かせていただきました。

私は行年と屋号を担当しました。戦場で亡くなられた方の多くが10代後半から20代前半の方たちでどんな思いで戦場に向かわれたか、また親御さんたちはどんな思いで送り出したのだろうかと筆を動かしながら考えさせられました。

書いた紙は順番に竹灯籠に貼り付けていきました。








もう一方の看板、案内板班では作成した看板を2つ目のコースに設置する作業を行いました。






                                                       



二つの作業が終わり、午前の作業はここまでにお昼休憩に入りました。
今日のメニューは…タイのお刺身でした!

姉歯先生が腕を振るって準備して下さり、豪華なタイのフルコースをいただきました。

見るだけでお腹がすきます

この食材も住民の方から頂きました。もはや合宿ではない気がしたのは私だけではなかったはずです(笑)

デザートにはスイカとプリンの差し入れまで頂き、おなかも心も満たされた姉歯先生とゼミ生でした。元気がチャージされました。本当にありがとうございました!



立派なスイカありがとうございます



佐渡でしか味わえません


午後からは設置する竹の数を確定させるため大きな竹と小さな竹を分類して数える作業を行いました





実際はもっとたくさんありました


数を確定させた後は午前中に制作した戦没者の竹灯籠を設置しに行きました。



平和への願いを込めて


着々と翌日のための準備を進められた1日でした!
次回はいよいよ世界一小さな花火大会当日の様子をアップします。ご期待あれ。


高畠





コメント