スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

韓国合宿! 2日目!

みなさん!こんにちは!
あっという間に9月になりました!長いはずの夏休みも終わってしまい、大学の後期の授業も始まりました…!


さて今回も引き続き、
姉歯ゼミ夏合宿の様子をお伝えします!!2日目はゆりが担当します!

2日目はどんなことがあったかというと…
西大門刑務所歴史館  ↓ 戦争と女性の人権博物館の見学  ↓ 自由行動を経て… ↓      現地の方々(詳細は改めて!)との夕食会
…この日もまた盛りだくさんな1日でした!


見学地の内容はヘビーなものが多いのですが、歴史の事実を確認することが今回の合宿のひとつの目的でもあったので、お付き合いいただけたら幸いです!

前半は見学メインの「学習編」、
後半はその後の「自由行動・夕食会編」と題して書き進めたいと思います!

写真も合わせながら紹介していきます!


~学習編~
まずは…


名前からも分かるように、
もともとは刑務所として実際に使われていた場所です(1908〜1987年)。


日本の占領化時代は「京国監獄」という名称で

日本の植民地下では日本からの独立を目指す運動を起こそうとした人、
光復(日本からの独立)後は民主化運動家といった人々が収容されました。


姉歯先生がおっしゃった「韓国に行ったらここには行くべき」という意味が、
見学後、少し分かった気がします。


ここでは私が特に印象に残ったことを3つ挙げたいと思います。

牢屋や絞首刑場、当時の資料…多くのものがありましたが、
一番は、拷問部屋です。

本などで「拷問があった」といった表現を見ることはありましたが、
実際に再現されたコーナーで、目の前にするとこう…言葉にできないような思いがこみあがってきました。


2つ目は、メモリアルホールという、5000もの受刑記録表を通して、西大門刑務所で獄苦を経験して殉国した独立運動家を記録を通しその歴史を振り返る場所です。


単に数字で「5000」と記載されているよりもインパクトが強いのだろうなと思いました。


3つ目は、外にあった「大韓獨立」の文字です。
写真に写っている物自体は展示物ではないのですが、

当時のまま残っているものだからこそ、

国民の意志、これが当たり前だったのだろうな…などと考えさせられました。



もう1つの見学地は
戦争と女性の人権博物館というところです。


ここは国立の博物館というわけではなく、
多くの人からの援助を受けて民間で…

夏合宿レポ3日目

みなさん、本日は合宿の3日目の報告になります。普段の作業に加え、本日はプチ観光、佐渡テレビさんによる取材もありましたのでその様子を皆さんにお伝えできればと思います。



まずはプチ観光として午前中に佐渡乳業へ行き、佐渡乳業名物のソフトクリームを頂きました。
こちらがアイスを食べているゼミ生の写真です。



由利ちゃんの笑顔が眩しい!美味しく頂きました(^^)


味は定番のミルク味と期間限定のカマンベール味があります。ミルク味は佐渡乳業産の豊かな風味が口いっぱいにひろがり、とてもおいしかったです。カマンベール味はチーズとミルクの濃厚さが感じられ、とてもおいしく、また食べたいと感じました。
またこちらには佐渡牛乳のパックを模したガチャガチャがあり、ゼミ生、教授ともに挑戦し各々がお目当ての商品を手に入れることができ、おおいに盛り上がりました()
ちなみに私が手に入れたのはこちらになります






翼を開いたデザインでとてもかわいらしく、またパックの中には消しゴムが入っておりとても実用的でした()

姉歯先生もGet

さて、ちょっとした遊びを挟んだところで今度は集落での作業に移っていきます。本日はお昼頃に集落へ到着し、昨日に引き続き作業を行いました。
ここで佐渡テレビさんの取材があり、私たちゼミ生と集落の住民がともに作業を行っている様子を撮影し、合間にインタビューを行う形で作業を進めました。


お昼すぎから作業を開始し、まずは看板作成の取材を行いました。この日の看板作成の手順はまず、昨日作成した看板を住民の方とともに実際に建てにいくことです。作成した看板を建てる作業は初めてでしたが、集落の皆さんの力を貸していただいたおかげで、初心者である私たちの作成した看板をうまく建てることができ、とてもうれしかったです!集落の方から雰囲気が明るくなってとてもよいとの声をいただきました。



次の看板作成の手順は、私たちが提案した3つのコースのうち、2つめのコースに設置する看板の作成を行いました。作業もだんだんと慣れてきて、スムーズに進められるようになりました。以下に写真を掲載しますのでご覧ください。


達成感





看板の取材のあとは竹灯籠の作成風景の取材が行われました。竹の作業について、まずは昨日の作業を引き続き行い、必要な個数の確保を目指しました。その作業風景を撮影しながら、学生を取材し、加えて一緒に作業をされていた住民の方への取材も行われました。私たちが作業を行っている前でのインタビューでしたので、私たちの活動に関する住民の意見を直接耳にいれることになりとても恥ずかしかったです(笑)







次に実際に竹を設置する場所の確認を行うため、住民のみなさんとともに道路を歩き、どこにどのような竹を置くかを相談しました。この作業については花火大会当日に全員で竹の設置を行うことになるため、ゼミ生全員で向かいました。住民の方4名ほどと相談しながら歩き、その様子を佐渡テレビさんが取材する形で行いました。この作業で竹を設置する道の長さや本数を確認することができました。






佐渡テレビ取材に答える川上さん

その後、まだ個数の不足している分の竹を調整し、当日のための準備を進めました。以下に写真を掲載しますのでご覧ください。



本日は全体的に作業をスムーズに進める事ができ、当日に向けた準備を行うことができました。
本日の報告は以上です。それでは4日目の報告をお楽しみに!

田中



コメント