スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

韓国合宿! 2日目!

みなさん!こんにちは!
あっという間に9月になりました!長いはずの夏休みも終わってしまい、大学の後期の授業も始まりました…!


さて今回も引き続き、
姉歯ゼミ夏合宿の様子をお伝えします!!2日目はゆりが担当します!

2日目はどんなことがあったかというと…
西大門刑務所歴史館  ↓ 戦争と女性の人権博物館の見学  ↓ 自由行動を経て… ↓      現地の方々(詳細は改めて!)との夕食会
…この日もまた盛りだくさんな1日でした!


見学地の内容はヘビーなものが多いのですが、歴史の事実を確認することが今回の合宿のひとつの目的でもあったので、お付き合いいただけたら幸いです!

前半は見学メインの「学習編」、
後半はその後の「自由行動・夕食会編」と題して書き進めたいと思います!

写真も合わせながら紹介していきます!


~学習編~
まずは…


名前からも分かるように、
もともとは刑務所として実際に使われていた場所です(1908〜1987年)。


日本の占領化時代は「京国監獄」という名称で

日本の植民地下では日本からの独立を目指す運動を起こそうとした人、
光復(日本からの独立)後は民主化運動家といった人々が収容されました。


姉歯先生がおっしゃった「韓国に行ったらここには行くべき」という意味が、
見学後、少し分かった気がします。


ここでは私が特に印象に残ったことを3つ挙げたいと思います。

牢屋や絞首刑場、当時の資料…多くのものがありましたが、
一番は、拷問部屋です。

本などで「拷問があった」といった表現を見ることはありましたが、
実際に再現されたコーナーで、目の前にするとこう…言葉にできないような思いがこみあがってきました。


2つ目は、メモリアルホールという、5000もの受刑記録表を通して、西大門刑務所で獄苦を経験して殉国した独立運動家を記録を通しその歴史を振り返る場所です。


単に数字で「5000」と記載されているよりもインパクトが強いのだろうなと思いました。


3つ目は、外にあった「大韓獨立」の文字です。
写真に写っている物自体は展示物ではないのですが、

当時のまま残っているものだからこそ、

国民の意志、これが当たり前だったのだろうな…などと考えさせられました。



もう1つの見学地は
戦争と女性の人権博物館というところです。


ここは国立の博物館というわけではなく、
多くの人からの援助を受けて民間で…

カナダ現地リポート 第1回

みなさん、こんにちは。

今回はカナダ・トロント市から姉歯ゼミ3年生の原田が現地リポートしたいと思います!
語学留学のため日本を離れて早4ヶ月経ったわけですが、だいぶこちらの生活にも慣れてきました。日本は今、夏真っ盛りで皆さん大変だと思いますが、トロントも結構暑いです^^;(もっと涼しいかと思っていました 笑)

それはさておき、今までのカナダでの生活は日本にいた時よりも刺激的で、海外の学生や現地の人と会話ができたり、海外の大学で授業を受けられたりと日本ではできない経験ができました。毎日が充実し、満足できる日々というわけではなかったですが、この4ヶ月は自分にとって本当に素晴らしい時間でした。しかし!さすがに4ヶ月も経つと新鮮味もだいぶ薄れてきたのも確かです(最初2ヶ月くらいはもう刺激しかなくて、ただ散歩するだけでも楽しかった 笑)。ただ今のままでは1年間カナダに滞在している意味がないと思い、新しく何かを始めようかなと思っている今日この頃です。

さて、さっそく愚痴みたいな近況報告で申し訳ありませんが、私が現在滞在しているトロントについて少し紹介したいと思います。

トロントはカナダ・オンタリオ州に位置する都市で、5大湖の1つオンタリオ湖西岸に面しています。日本との時差は13時間で、羽田空港からトロント・ピアソン国際空港まで飛行機でおよそ12時間かかりました。(フライト時間が長くて私がトロントに着いたときにはもうヘトヘトでした…)。

トロントは人口約624万人 (東京23区:約927万人 )のカナダ最大の都市です。またトロントは多文化都市であり、人口の46% が移民であると言われ、実際に町を歩いているとカナダ人以外の人々にも当然出会いますし、様々な国のレストランやお店もあります。ちなみにトロントはカナダ最大の都市ですが、首都ではありません。首都はオタワであり、トロントと同じくオンタリオ州にあります。首都オタワも非常におもしろい都市なのですが、その話はまた今度にします 笑

カナダ・トロント市の所在地

          “出典:google map https://goo.gl/oU1Q7g

トロントは地図からも分かるとおりアメリカとの国境近くにあり、ニューヨーク行きのバスも出ています(ニューヨークまで10~12時間かかりますが…)。

トロント市庁舎

ユニオン駅周辺のビル群

トロントは日本と同じく四季があり、4月にはハイ・パーク (トロント西にある公園)で桜を見ることもできました。ケッペンの気候区分でみても亜寒帯湿潤気候(Dfa)に属し、これは日本の北海道と同じ気候区分です。ゆえにトロントの気候は北海道に近いと思われます。しかし、1つ北海道とは大きな違いがあります。それは日の出日の入り時間で、トロントの方が北海道のそれよりかなり遅い時間なのです(なぜ違うのかは私にはちょっと解りませんでした 笑)。そのためトロントの夏至あたりでは夜9時頃にようやく日が沈みます。最初トロントに来たときはなかなか日が沈まなくて非常に驚きました 笑

ハイ・パークの桜並木

夜8時過ぎの空

続いて私の通っている学校について紹介します。

私は現在、トロント大学の英語学習課程(University of Toronto English Language Program)で英語を勉強しています。トロント大学は1827年に設立され、現在までに3つのキャンパスが設置されているのですが、私が通っているキャンパスはトロントの中心部に位置するセントジョージ・キャンパスです。同キャンパスは非常に広大な上、多数の歴史的建造物、博物館、美術館、公園があり、日本の大学に比べてスケールがかなり大きいと思います。

University College

Robarts Library

ちなみにトロント大学の歴史的建造物はたびたび映画のモデルにもなっているようです。
セントジョージ・キャンパスのマップ→ http://map.utoronto.ca/

学部は多種多様で700以上の学部と200の大学院プログラムがあり 、学生数に関して言えは学部生70,728名、院生18,038名(2016秋-2017) となっています。調べるまでは知らなかったのですが、相当な数ですね。カナダ国外からの留学生も17,452名在籍し、全体の19.6%を占めています 。特に中国からの留学生が多いせいか、キャンパス内でよく見かけます。

トロント大学についてはこちらのページで紹介されているので良かったらどうぞ。

トロント大学の校章 
出典:Wikipedia「University of Toronto」
https://en.wikipedia.org/wiki/University_of_Toronto
(更新日時:2017/08/02. 02:40)

話は変わりますが、1つ豆知識を紹介します。同大学の校章にはビーバーが描かれています。だから何だと言えばそれまでなのですが、ビーバーとカナダには深いつながりがあります。

話は17世紀に遡ります。当時、ヨーロッパではビーバーの毛皮を使った帽子(ビーバーハット)などが大流行しました。よくイメージされる英国紳士が被っている帽子です。そんな中、カナダのビーバーは大変重宝され、カナダに莫大な利益をもたらし、多くの移民もやって来ました。そのため現在のカナダがあるのもビーバーのおかげだと言っても過言ではないのです。そのせいかビーバーはカナダを代表する獣(国獣)になっています。

今回はここまでにします。次回あたりはカルチャーショックやカナダの風景などもっと紹介できればなと思います。

最後に私は英語が苦手だったので(今も得意ではないですが 笑)、留学前はほぼ不安しかなかったです。しかし、カナダに来てみるとそれは自分の取り越し苦労だったとしみじみ感じました。単に海外で生活するだけなら簡単な英語、指差しなどのジェスチャーでも基本的になんとかなるものです(もちろん留学であれば英語はある程度話せるに越したことはないですが)。もし、留学を考えているけれども英語に不安があるからと一歩が踏み出せない方、是非とも怖がらず積極的に留学を検討していただきたいですね。

原田

コメント

  1. 原田隊員、元気そうで羨ましい限りです。こちらでは溶けそうです。おまけに自転車速度の台風が合宿直前に新潟で待ち構えているなんて、よほどアネハゼミは日頃の行いが良すぎるということでしょうか。
    カナダは、UBCに1ヶ月間、2年にわたって滞在しましたが、なにせ暮らしやすい、なぜここがアメリカの隣なのか理解できないほど、「北米」と一括りにしてしまうのがはばかられる感があります。今日のBBCでは「トランプのアメリカからカナダに移住する若夫婦」が取り上げられていました。カナダへの移住者はdevelopping countriesだけではなくむしろアメリカからの方が結構存在感あったりして。英語も隊員のようにうまくかわしてうまく突撃することができれば大丈夫。そこにいると、いろいろな国の人がいて、自国に帰れば敵対する間柄なのに、ここにいるとみんななかよし、そんなことを実感できるのではないでしょうか。それもとても大事な留学の経験です。差別意識のくだらなさ、戦争の無駄さかげんを実感して日本でそれを生かしてもらいたいと思っています。私がイギリスで参加した大学院生のクラスの学生はクロアチア、ギリシャ、ドイツ、フランス、イラン、パキスタンから来ていました。ここで国際会議を開いたらさぞ平和的に話ができそうと冗談を言ったものです。UBCではシナモンロールが絶品でした。そちらの学食はいかがでしょう。今度はぜひ食レポを。では、原田隊員、楽しんでくださいね。

    返信削除

コメントを投稿