スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

韓国合宿! 2日目!

みなさん!こんにちは!
あっという間に9月になりました!長いはずの夏休みも終わってしまい、大学の後期の授業も始まりました…!


さて今回も引き続き、
姉歯ゼミ夏合宿の様子をお伝えします!!2日目はゆりが担当します!

2日目はどんなことがあったかというと…
西大門刑務所歴史館  ↓ 戦争と女性の人権博物館の見学  ↓ 自由行動を経て… ↓      現地の方々(詳細は改めて!)との夕食会
…この日もまた盛りだくさんな1日でした!


見学地の内容はヘビーなものが多いのですが、歴史の事実を確認することが今回の合宿のひとつの目的でもあったので、お付き合いいただけたら幸いです!

前半は見学メインの「学習編」、
後半はその後の「自由行動・夕食会編」と題して書き進めたいと思います!

写真も合わせながら紹介していきます!


~学習編~
まずは…


名前からも分かるように、
もともとは刑務所として実際に使われていた場所です(1908〜1987年)。


日本の占領化時代は「京国監獄」という名称で

日本の植民地下では日本からの独立を目指す運動を起こそうとした人、
光復(日本からの独立)後は民主化運動家といった人々が収容されました。


姉歯先生がおっしゃった「韓国に行ったらここには行くべき」という意味が、
見学後、少し分かった気がします。


ここでは私が特に印象に残ったことを3つ挙げたいと思います。

牢屋や絞首刑場、当時の資料…多くのものがありましたが、
一番は、拷問部屋です。

本などで「拷問があった」といった表現を見ることはありましたが、
実際に再現されたコーナーで、目の前にするとこう…言葉にできないような思いがこみあがってきました。


2つ目は、メモリアルホールという、5000もの受刑記録表を通して、西大門刑務所で獄苦を経験して殉国した独立運動家を記録を通しその歴史を振り返る場所です。


単に数字で「5000」と記載されているよりもインパクトが強いのだろうなと思いました。


3つ目は、外にあった「大韓獨立」の文字です。
写真に写っている物自体は展示物ではないのですが、

当時のまま残っているものだからこそ、

国民の意志、これが当たり前だったのだろうな…などと考えさせられました。



もう1つの見学地は
戦争と女性の人権博物館というところです。


ここは国立の博物館というわけではなく、
多くの人からの援助を受けて民間で…

Column 1231‐お酒と人‐


プロローグ
最近、お酒の味が好きになってしまい、酔っぱらうことも(これは最初から)、味わうことも好きになってしまった“高校生な院生”です。そこで、今回は私がお酒に関して思うことを、ダラダラ書いていこうと思います。そのため、書かれている内容は独断と偏見であり、何の根拠もない箇所もあります。実際とは異なることが書かれているかもしれませんが、その点はお許してください。

1.大切なのは味がわかること
 まず、なぜお酒の味が好きになってしまったのかを書いていこうと思います。早速結論から申し上げますと、何度も何度も飲んでいるうちにお酒の味に慣れたからですね。それこそ、今私が好きなお酒であるワインや日本酒の味は、当初アルコールランプの原液を飲んでいるようにしか感じませんでした()。もちろん、アルコールランプの原液なんて飲んだことはありませんが。そんな印象は受けましたね。

 しかし、それらを何度も飲んでいくうちに味がだんだんわかってくるようになり、今では美味しく味わっております。ワインの渋みがクセになり、日本酒のほのかな甘みやキュッとくる辛口もクセになりましたね。そして、ワインのフルボディ、ミディアムボディや産地ごとの違い、日本酒の純米や吟醸酒といった多少の知識もついてきました。

だんだん、お酒好きなオッサンの感想になってきました()。一応、まだ20代前半で、見た目は学部1年生と同じかそれよりも年下に見られるのですが。4月中、23回ほどサークル勧誘されたので。そのため、ハンドルネームも“高校生な院生”なんですよ()


お酒の写真がこれだけしかなかったので、これを載せました。
赤ワインですが、渋みも程よく、水っぽくもなさすぎない飲みやすいワインでした。



2
.お酒を飲む状態
 しかし、お酒の味が好きになった理由は慣れたからだけではありません。恐らく、精神的な部分も起因しているのでは考えています。

 実は一時期、私はリーマンでした。その時に思っていたことなのですが、「次の日も仕事か」と思うと、もしくは「月曜日からまた仕事か」と思うと、お酒が一切美味しく感じませんでした()

 そのため、重要なのはお酒を飲む今の状態ですね。
 本来、自分が働いた成果は自分のものであるはずなのに、それとは一切関係ない給与、むしろ法的には立場が平等であるはずの雇用主の力(お金)が増えていくという分けのわからない状態です(もうこの時点で平等でない!)。その結果、働くこと自体に意義が見出せずに、勤務時間が苦痛以外の何物でもなくなりました。その時間は人間として生きているというより、時間を切り売りしているだけの奴隷だと思いました。はっきり言ってしまえば、リーマン(女性含む)はレンタル商品ですね。これが40年以上続くのかと思うと…

長々とリーマン時代の愚痴を言ってしまいましたが、要するにこんな気持ちでお酒を飲んでいても、お酒は一切美味しくないことを言いたいのです。実際に、私がお酒の味が好きなった時期は仕事を辞めた後です()。ちなみに、学生時代はワインや日本酒は1度目の印象だけで避け続けておりました。

3.お酒とリーマン
上記のようなことを考えるのは特殊なことかもしれませんが、ただ単に仕事の愚痴を言っている人なんて世の中にはたくさんいますし、「俺は家族のために働いている」等のように、他から理由を求めないと仕事ができない人も大勢いると思います。

このことを踏まえて考えると、もう1つお酒とリーマンの関係が見えてきました。
「飲まないとやってられない」
仕事が嫌だから、そのことを忘れるために、自分の気持ちをごまかすために、お酒を飲まないと日々を過ごせないのではないかと考えます。

ただ、そこで面白いのが、その行為自体が引き続きリーマンとして働かせる契機になっていることです。つまり、余暇を充実させるためのお酒が結局、余暇ではなく明日の仕事のため(気持ちの再生産?)になっているのです。
現在、リーマンは生活(衣食住と遊び、家族を養うこと)のために働いているのではなく、仕事のために生活があるみたいな状態に陥っていますね。

そのため、そういう状態にならないくらいの労働時間の短縮、有給休暇の日数の増加とそれがまとまった形で消化できる状態になって初めて、本当の意味でお酒も楽しめるのかもしれません。

エピローグ
 ここまで、お酒に関する事を書いてきたつもりですが、このことはお酒以外全般に言えると思います。「何度もチャレンジすること」、「今の自分に不満を持たないように生きる」、もしくは最後で書いたように、「そんな不満を忘れるくらい休暇があること」、これらは大切なことだと思いました。
 最後に、お酒の飲み過ぎによる粗相は周りに迷惑をかけます。また、自分の為にもなりません。ちゃんと自分を制御できる程度でお酒は控えましょう。もし、どうしてもベロンベロンに酔っ払いたい時は本当に信頼できる人、あなたのことをちゃんと理解している人の側で飲みましょう。本当に…
 「酒は飲んでも、のまれるな」です。



高校生な院生

コメント