スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

映画『マルクス・エンゲルス』

皆さん こんにちは



今回は…ゼミの皆と一緒に神保町の岩波ホールで 映画『マルクス・エンゲルス』見に行きました。
今年はカール・マルクス生誕200年!それを記念して作られた作品です。

カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスはパリで運命の出会いを果たしました。
物語は2人の青春時代、 そして『共産党宣言』の執筆に打ち込んでいく様子が描かれています。


映画の中身はやはり難しく、事前に先生に教えてくださったからこそ、 時代背景と内容を理解することができました!



神保町は昔から古書堂が多い…ということで 映画を見終わった後、皆と一緒に古本屋さんに行きました。


普段のゼミ活動とまたひと味ちがう、有意義な日になりました。 お疲れ様でした。
ジョー & yuri

番外編①ユーモアとは


勝手にコーナーを作らせていただきました。その名も「高畠の番外編シリーズ」
このコーナーはゼミで活動している以外の時間に起きた様々なワンシーンを紹介していこうというものです。途中で趣旨が変わるかもしれませんが、ゆるーくやっていきたいと思います。


~寄せられた質問ご紹介編~


ある日、高畠は姉歯先生の研究室に向かっていました。

(高畠の心の声)「扉の前に何か貼ってある!」

扉を開ける前に気づいたもの…それは張り紙でした。

(高畠の心の声)「先生もしかしておられないのかな?」

よく見るとその張り紙は不在を知らせる伝言ではなく…姉歯先生に送られてきた質問とその回答。

珍しかったので思わず拝見。

(高畠の心の声)「ん?経済学の奥義を極める?ルフィのように旅に出るべき?これは…視野を広くしたいってことなのかな?」


実際の質問がこちら。

悩める学生に姉歯先生はユーモア3倍返しのご回答。


読んでいる私もなぜだか諭された気持ちになったのは気のせいでしょうか。
そうか、大学もジャングルなのか…新しい発見でした。

この質問と回答は姉歯先生の研究室に貼ってあります。気になる方はぜひ。


高畠













コメント

  1. ジャングルで迷い人のために待機中2017年6月16日 20:28

    まあ、こうしてここにアップして頂いて感謝です。問い人からは何も反応がございません。でも第二弾手ぐすね引いて待ってます。いつでも来い、です。なんちゃって。

    返信削除

コメントを投稿