スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

韓国合宿! 2日目!

みなさん!こんにちは!
あっという間に9月になりました!長いはずの夏休みも終わってしまい、大学の後期の授業も始まりました…!


さて今回も引き続き、
姉歯ゼミ夏合宿の様子をお伝えします!!2日目はゆりが担当します!

2日目はどんなことがあったかというと…
西大門刑務所歴史館  ↓ 戦争と女性の人権博物館の見学  ↓ 自由行動を経て… ↓      現地の方々(詳細は改めて!)との夕食会
…この日もまた盛りだくさんな1日でした!


見学地の内容はヘビーなものが多いのですが、歴史の事実を確認することが今回の合宿のひとつの目的でもあったので、お付き合いいただけたら幸いです!

前半は見学メインの「学習編」、
後半はその後の「自由行動・夕食会編」と題して書き進めたいと思います!

写真も合わせながら紹介していきます!


~学習編~
まずは…


名前からも分かるように、
もともとは刑務所として実際に使われていた場所です(1908〜1987年)。


日本の占領化時代は「京国監獄」という名称で

日本の植民地下では日本からの独立を目指す運動を起こそうとした人、
光復(日本からの独立)後は民主化運動家といった人々が収容されました。


姉歯先生がおっしゃった「韓国に行ったらここには行くべき」という意味が、
見学後、少し分かった気がします。


ここでは私が特に印象に残ったことを3つ挙げたいと思います。

牢屋や絞首刑場、当時の資料…多くのものがありましたが、
一番は、拷問部屋です。

本などで「拷問があった」といった表現を見ることはありましたが、
実際に再現されたコーナーで、目の前にするとこう…言葉にできないような思いがこみあがってきました。


2つ目は、メモリアルホールという、5000もの受刑記録表を通して、西大門刑務所で獄苦を経験して殉国した独立運動家を記録を通しその歴史を振り返る場所です。


単に数字で「5000」と記載されているよりもインパクトが強いのだろうなと思いました。


3つ目は、外にあった「大韓獨立」の文字です。
写真に写っている物自体は展示物ではないのですが、

当時のまま残っているものだからこそ、

国民の意志、これが当たり前だったのだろうな…などと考えさせられました。



もう1つの見学地は
戦争と女性の人権博物館というところです。


ここは国立の博物館というわけではなく、
多くの人からの援助を受けて民間で…

佐渡・羽茂大崎に設置する看板デザイン思考中①


姉歯ゼミに参加してからはや3か月以上が過ぎた今日この頃。
そうです…新ゼミ生だった高畠が今回、満を持してブログの更新をさせていただきます!!👏👏👏
1人だけテンションが違うのでは?と思われるかもしれませんが…(笑)
文章上だけです。ご了承ください。

さて、今回私が投稿する内容は、、、
ずばり「佐渡・羽茂大崎に設置する看板のデザインを考えよう!」です。
昨年から進めている佐渡・羽茂大崎の地域活性化事業の一環として、今回は集落の方からこんな要望をいただきました。


『観光マップを生かした看板のデザインを考えてほしい!!!』


(高畠の心の声)「これは…考えるしかない!!!!」


そんなわけで現在、デザインを試行錯誤しています。
観光マップはもちろん、昨年ゼミ生の手で作成したものです😉

せっかく作った観光マップを生かしてもらうために、どんな看板にしたらいいだろうか?インターネットを駆使して探しました。多くの情報が集まりましたが、素人同然の高畠は行き詰りました。


(高畠の心の声)「作った経験がないからイメージが沸かない…困った」


そこに姉歯先生からありがたいお一言が。


姉歯T『実際に作ってみたらどう?』


高畠「そうします!」


作ったことがないなら作ってみればいいんだ。やってみないと始まらない。
悟りを開いた私は早速、材料を買い集め(すべて100円SHOP!)、同期のまっきーと看板制作に興味を持ってくれた強力なサポーターさん、そしてゼミ長と共にサンプルを制作!

それがこちら…

研究室でパシャリ。美大生になった気分。


初めてのわりにはうまく作れたんじゃないか?自画自賛です、すみません。
実はとても時間がかかっています。シンプルですぐ出来そうにみえますが、制作時間はなんと3時間半超(!!!)片付けも含め、なかなか大変でした。


しかし!やってみて初めて分かったことや気づくことがたくさんあったんです。
頭の中で考えているだけでは分からなかった色のコントラスト、文字の配置を実際に形にすることで、より具体的なイメージを掴むことができました。さらに、看板のデザインだけではなく制作も自分たちの手で行えることがわかったというのが大きな収穫だったと思います。
何事も行動を起こすことが大事!そう実感したひとこまでした。


まだデザインについてはいろいろと考えている段階です。
もしこの記事を読んでくださった人の中にこんな看板あったら面白い、こんなデザインがあるみたいだ、というのがあれば気軽にコメントしてください😏


看板デザイン思考中シリーズ続きます!!!


高畠


コメント