スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

映画『マルクス・エンゲルス』

皆さん こんにちは



今回は…ゼミの皆と一緒に神保町の岩波ホールで 映画『マルクス・エンゲルス』見に行きました。
今年はカール・マルクス生誕200年!それを記念して作られた作品です。

カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスはパリで運命の出会いを果たしました。
物語は2人の青春時代、 そして『共産党宣言』の執筆に打ち込んでいく様子が描かれています。


映画の中身はやはり難しく、事前に先生に教えてくださったからこそ、 時代背景と内容を理解することができました!



神保町は昔から古書堂が多い…ということで 映画を見終わった後、皆と一緒に古本屋さんに行きました。


普段のゼミ活動とまたひと味ちがう、有意義な日になりました。 お疲れ様でした。
ジョー & yuri

新ゼミ生紹介インタビュー その3


6月に入りました。暑くなってきました。

気温が上がってくると、シャツ一枚とかポロシャツとかでよいので、洋服の組み合わせを考えずに済むので、楽です。

さて、前回から引き続き、新ゼミ生を紹介していきたいと思います。

ラストは牧田さんです。では、はりきってどうぞ。

※以下、聞き手(M)牧田さん(m)


M. さて、まずは姉歯ゼミを選んだ理由からお願いします。


m. 高校の時から姉歯ゼミに入る予定だったのですが、迷っていました。最終的に姉歯ゼミに入ることを決めたのは、姉歯先生と実際に話したからです。
高校の時、母に進められた『豊かさという幻想』という姉歯先生の本を読んで、難しくはありましたが面白く感じました。それで、是非、姉歯先生のゼミに入りたいと思い、指定校推薦の志望理由に書きました。実際に大学で迷いましたが、先生と話して初めて「姉歯先生の下で学びたい」と思いました。

M. 高校生の頃から先生の本読んでたってすごいね。僕は高校の頃、『金持ち父さん貧乏父さん』とか、お金持ちになる何々の法則みたいな本ばかり読んでて、リッチになることを夢見てました。
経済学に興味を持ったきっかけとかはなんかあったんですか

m. 中学校の時、選択した高校がもともと商業高校だったのでマーケティングなどの資格をたくさん取っているうちに経済への知識は、少しづつついていきました。さらに小論文の練習で地域活性化の事や原子力について調べていくうちに、そうした分野の知識もついていきました。

M. なるほどね。
 ゼミに参加して数カ月たちましたが、これまでのゼミの感想は?

m. ゼミに参加して一番感じた事は、忙しさと時間が経つ速さを感じました。
それだけでなく、問題について調べることの難しさ、そして、なす事全てに学ぶことが多いなと感じました。また、想像力を膨らませて、「どのように、どうすれば良いのか」、「良いアイデアはないのか」と常に頭を働かせて考える事が多く、二つのデータや統計や文章も常に、読む側の事を考えて、分かりやすく、伝えやすい様に言葉を選んだり、作り変えたり図や表などを使うということがわかりました。

M. ゼミでここが大変だな、難しいなと思うところとかはある?

m. 一番思うところは、課題などのやるべきことが多くて、自己管理や時間の管理が大変だと思いました。また、難しいと思ったことは、一つのことに対して理解を深めること、堀りさげることが難しいと感じました。

M. 自己管理はゼミで最も重要なことの一つだよね。とかいいながら、いつも課題とかレジュメとかは〆切ギリギリなるんだけど(笑)
 何か趣味や好きなこととかはありますか?

m. 音楽をすることです。今、私はギターなどの楽器を持っていないので何か出来るわけではありません。でも、楽器の一つ、音楽の一つとして、歌があります。私は楽器の一つでもある歌が大好きです。私は、幼い頃から「アンジェラ・アキ」にあこがれてピアノと歌の練習をしていたこともありました。音楽は、私にとっては心の支えでもあり、私自身の支えでもあります。私は、一番歌うことが好きです。



高校時代には吹奏楽部に所属。
こちらは地元の大通りを行進しながら演奏したときの様子。

M. アンジェラ・アキの中でお勧めの曲とかはありますか?

m. 私は、やはり「手紙」です。私は、歌詞を聞いた時、15歳に満たなかったのですが、それでも、心に刺さるものがあり、胸にしみた曲でした。しかし、19のこの年になっても、また違った形で胸に刺さるものがある曲です。この曲は、年齢を問わず、いくつになっても自分自身と向き合える曲であり、歌詞の全てが大切な曲だと思います。だから、この曲をお勧めしました。

M. 良い曲だよね。僕は世代的に歌わなかったけど、この曲は合唱コンクールの課題曲とかになってて、テレビとかでよく流れていた気がする。
 話をゼミ関連に戻すけど、それでは最近気になるニュースとかについてどうですか?

m. やはり、原発再稼働の事です。
東北大震災の後に、あれだけの被害を受け、人や物や故郷、地震一つでいろんなものが失われてしまいました。電力は、私たちにとってはかけがえのない物ではありますが、住民の警戒心がある中で再稼働に踏み切った事が「これから私たちの生活はどうなってしまうのか。」それが、私にとって気になるニュースです。

M.  なるほど。確かに春休みもそのテーマに取り組んでいたよね。
 それじゃあ、今後やりたい研究テーマとかは?なにか気になってる分野とか。

m.  地域活性についての事や金融の事が出来たらなと思ってます。地域活性については、高校の時から将来の夢として掲げていました。これからどの道に進むは分かりませんが、今の日本での現状、それの今なされている対策色々知りたいと思いました。金融に関しては、世の中お金での取引が当たり前です。だから、日本のお金の流れやどのように消費されているのか、株や証券についても、私は知識がないので学びたいと思っています。

M.  他に、今後挑戦したいこと、やってみたいこととかありますか?

m.  私は、昔から飽きやすい事が多いので夢中になって取り組める事を見つけたいです。あと、忍耐力が低いのでそこも高められる様にしていきたいです。歌ときれいに年をとれるように努力していきたいと思っています。

M. それでは、最後に何かアピールしたい点、お願いします。

m.  私は、たくさん不甲斐なくて、ダメな人間ですが、自分と戦い勝って強い人間になりたいです。
あとは、歌が好きなのでカラオケとか誘ってくれたら、嬉しいです。歌は、上手いわけではないですが、楽しいことが好きな方は誘ってください。


以上、新ゼミ生紹介インタビューでした。

姉歯ゼミでは、例年数名、新ゼミ生が加わってくれますが、今年はみな女性というのが特徴的でしょうか。気が付くと、ゼミの半数は女性が占めており、ゼミ活動にこれまでにない新たな視点が加わっているように思えます。

新ゼミ生の皆さん、今後とも頑張っていきましょう!

miya

コメント