スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

韓国合宿! 2日目!

みなさん!こんにちは!
あっという間に9月になりました!長いはずの夏休みも終わってしまい、大学の後期の授業も始まりました…!


さて今回も引き続き、
姉歯ゼミ夏合宿の様子をお伝えします!!2日目はゆりが担当します!

2日目はどんなことがあったかというと…
西大門刑務所歴史館  ↓ 戦争と女性の人権博物館の見学  ↓ 自由行動を経て… ↓      現地の方々(詳細は改めて!)との夕食会
…この日もまた盛りだくさんな1日でした!


見学地の内容はヘビーなものが多いのですが、歴史の事実を確認することが今回の合宿のひとつの目的でもあったので、お付き合いいただけたら幸いです!

前半は見学メインの「学習編」、
後半はその後の「自由行動・夕食会編」と題して書き進めたいと思います!

写真も合わせながら紹介していきます!


~学習編~
まずは…


名前からも分かるように、
もともとは刑務所として実際に使われていた場所です(1908〜1987年)。


日本の占領化時代は「京国監獄」という名称で

日本の植民地下では日本からの独立を目指す運動を起こそうとした人、
光復(日本からの独立)後は民主化運動家といった人々が収容されました。


姉歯先生がおっしゃった「韓国に行ったらここには行くべき」という意味が、
見学後、少し分かった気がします。


ここでは私が特に印象に残ったことを3つ挙げたいと思います。

牢屋や絞首刑場、当時の資料…多くのものがありましたが、
一番は、拷問部屋です。

本などで「拷問があった」といった表現を見ることはありましたが、
実際に再現されたコーナーで、目の前にするとこう…言葉にできないような思いがこみあがってきました。


2つ目は、メモリアルホールという、5000もの受刑記録表を通して、西大門刑務所で獄苦を経験して殉国した独立運動家を記録を通しその歴史を振り返る場所です。


単に数字で「5000」と記載されているよりもインパクトが強いのだろうなと思いました。


3つ目は、外にあった「大韓獨立」の文字です。
写真に写っている物自体は展示物ではないのですが、

当時のまま残っているものだからこそ、

国民の意志、これが当たり前だったのだろうな…などと考えさせられました。



もう1つの見学地は
戦争と女性の人権博物館というところです。


ここは国立の博物館というわけではなく、
多くの人からの援助を受けて民間で…

お久しぶりです、、、


みなさん こんにちは。

久方ぶりのブログ更新となります。


ここ最近はブログ更新を疎かにしており、更新を心待ちにしている方々、別に待っていないという方々、大変失礼いたしました。

今後は定期的に更新を続けていこうと思います(毎年言っているような、、、)


さて、大学は春休み真っ只中ですが、姉歯ゼミは相も変わらず日夜ゼミ活動に励んでいます。

今年も姉歯ゼミには物好きな学生が新ゼミ生として入ってくれ、春休み恒例、レジュメの書き方指導を行っています。


今年の春休みは、前年と同様、THE BIG ISSUEの記事についてレジュメ作成を行っています。
毎号セレブリティーの特集記事があるのも見ものです。

昨年のブログでも紹介がありましたが、「THE BIG ISSUE」はホームレスの自立支援を目的とし、雑誌の売上の一部が販売者であるホームレスの方の収入となる仕組みです。
(参照 http://www.bigissue.jp/


雑誌では、日本および世界の社会問題を多岐に渡って紹介されており、ゼミの研究テーマとしても最適な内容となっています。

また、雑誌の購入を通して普段は接することがないホームレスの方との交流ができ、その存在を改めて知るきっかけとなることも、ゼミとして本誌を選んでいる理由となっています。

そんな中、、、

新ゼミ生はそれぞれ以下の2つのテーマをチョイスしました。

「原発建設への市民による反対運動について」 VOL.297 8ページ)

「難民受け入れにおけるドイツ政府の政策とその支援体制について」 VOL.303 16ページ)


どちらも非常に興味深くかつ重いテーマであり、なかなか良いセンスです。(個人的に)


また、新ゼミ生の「THE BIG ISSUE」に加えて、ゼミ全体での春休みの課題本もあります。


それがこちら


内田義彦著「読書と社会科学」1985年、岩波新書

それぞれ担当箇所を割り振り、レジュメを作成していきます。



今後、ゼミ生として研究を進めていくにあたって、文献の読解や概念の理解をどのように取り組むべきか、特に社会科学を学ぶ学生に向けて描かれています。

新書なのであっさり読めるかなと思っていたら、たいぶ読み応えがあり、日々読解に苦戦を強いられております。


といように、例年のごとくゼミ活動に励むゼミ生ですが、今年はそれらに加えて、佐渡の受託研究についての取り組みも進めています。

現在は、313日に行われる最終報告会に向けて、大詰めの作業に追われています。
(その様子は後日ブログにアップしますのでお楽しみに)


このように例年以上に忙しく、春が待ち遠しいゼミなわけですが、ここでの頑張りがきっと何かしらの形で開花すると信じて(というか祈って)、これからも本とパソコンとの睨めっこの日々が続きます。。。

miya





コメント