スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

講演会を終えて・・・

みなさん!こんにちは!!

7月ももうすぐ折り返し地点!
大学生にとってはレポートや試験に追われる時期ですね...


さて!

先日、7月10日に
お伝えしていた講演会が行われました!!

その様子をお伝えしていくのですが・・・

「とにかく参加できて良かった」 「歴史を学ぶ意義を改めて感じた」
そのように考えさせられた講演会でした!



講演の内容を簡単にまとめたいと思います!

まず内容です
今回の講演会のテーマの通り「韓国の歴史」と「民主化運動について」でした。


歴史(三国史~朝鮮王朝、日本による占領前後)、民主化運動について

三国志~朝鮮王朝の特徴
1,身分制度:両班(ヤンバン)制、賎民→結婚、職業選べない
2,儒教(儒学)思想
3.農業 :商業等は発達しなかった、農業が高度になったあと貧富の差が拡大した

 ⬇ 日本が朝鮮に対して不平等な条約を押しつけ開国(1876年)

1910年 日本による朝鮮併合

 ⬇ 

1919年 三・一独立運動 ←韓国の現代史に大きく影響!!
始めは北部都市のデモ→全国へ拡大
日本の憲兵の弾圧に対して抵抗し激化した

→独立には至らなかったが、その後に大きな影響を与えた

1930年代
日本が戦争を始め、朝鮮への支配が高まった
→慰安婦の問題等今も残っている

日本の監視によってハングル、歴史、名前がなくされた

 ⬇ 日本からの解放後・・・

第二次世界大戦の終わり→冷戦によって朝鮮戦争へ(1950~52)



政治に関して

1987年6月、光州で始まった「民主抗争

民主化以後の20年間・・・
金大中(キムデジュン)大統領の太陽政策など
言論の自由(民主化)の始まり

2008年~2017年:冷戦の考え方(民主化ダウン)
(李明博(イミョンバク)大統領、その後の朴槿恵(パククネ)大統領)


 ⬇

民主化運動

きっかけ:チョッブル(ろうそくの火)デモ(2016~17年)
参加者は若い人が中心!
→若者、学生、小さな子供を連れた親など

韓国の国民自身が、戦争ではなく平和の道へ歩み出した!!


金先生が繰り返し強調していたことが・・・


「冷戦から平和へのパラダイム転換が大切」 「そのために南北間のコミュニケーションが必要」
ということでした!


今回の講演会で様々をなことを考えさせられました!
私は、韓国と日本での若者の政治の参加(金先生は「参与」とお話されていました)の違いに大変…

お久しぶりです、、、


みなさん こんにちは。

久方ぶりのブログ更新となります。


ここ最近はブログ更新を疎かにしており、更新を心待ちにしている方々、別に待っていないという方々、大変失礼いたしました。

今後は定期的に更新を続けていこうと思います(毎年言っているような、、、)


さて、大学は春休み真っ只中ですが、姉歯ゼミは相も変わらず日夜ゼミ活動に励んでいます。

今年も姉歯ゼミには物好きな学生が新ゼミ生として入ってくれ、春休み恒例、レジュメの書き方指導を行っています。


今年の春休みは、前年と同様、THE BIG ISSUEの記事についてレジュメ作成を行っています。
毎号セレブリティーの特集記事があるのも見ものです。

昨年のブログでも紹介がありましたが、「THE BIG ISSUE」はホームレスの自立支援を目的とし、雑誌の売上の一部が販売者であるホームレスの方の収入となる仕組みです。
(参照 http://www.bigissue.jp/


雑誌では、日本および世界の社会問題を多岐に渡って紹介されており、ゼミの研究テーマとしても最適な内容となっています。

また、雑誌の購入を通して普段は接することがないホームレスの方との交流ができ、その存在を改めて知るきっかけとなることも、ゼミとして本誌を選んでいる理由となっています。

そんな中、、、

新ゼミ生はそれぞれ以下の2つのテーマをチョイスしました。

「原発建設への市民による反対運動について」 VOL.297 8ページ)

「難民受け入れにおけるドイツ政府の政策とその支援体制について」 VOL.303 16ページ)


どちらも非常に興味深くかつ重いテーマであり、なかなか良いセンスです。(個人的に)


また、新ゼミ生の「THE BIG ISSUE」に加えて、ゼミ全体での春休みの課題本もあります。


それがこちら


内田義彦著「読書と社会科学」1985年、岩波新書

それぞれ担当箇所を割り振り、レジュメを作成していきます。



今後、ゼミ生として研究を進めていくにあたって、文献の読解や概念の理解をどのように取り組むべきか、特に社会科学を学ぶ学生に向けて描かれています。

新書なのであっさり読めるかなと思っていたら、たいぶ読み応えがあり、日々読解に苦戦を強いられております。


といように、例年のごとくゼミ活動に励むゼミ生ですが、今年はそれらに加えて、佐渡の受託研究についての取り組みも進めています。

現在は、313日に行われる最終報告会に向けて、大詰めの作業に追われています。
(その様子は後日ブログにアップしますのでお楽しみに)


このように例年以上に忙しく、春が待ち遠しいゼミなわけですが、ここでの頑張りがきっと何かしらの形で開花すると信じて(というか祈って)、これからも本とパソコンとの睨めっこの日々が続きます。。。

miya





コメント