スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

夏ゼミ~スタート

皆さん、 久しぶりの投稿です。  テスト終わって、夏休みに入りました。
 うちのゼミは勉強のゼミのため、週2回程度の集まりで夏休みも同じく進行します。  アンドルー・ゴードンの『日本の200年』の内容に沿って勉強するとともに、事前の学習で朝鮮半島の南北関係等についても勉強します。

  夏休み合宿地が韓国になりましたが、みんな韓国語は出来ないため、ゼミ長とある研究会で知り合った方が当日のどこかで現地を案内してくれるそうです。そして学校まで誘っていただいて交流会を開きました。みんなと自己紹介と韓国について知りたいことなどを話し合いました。

みんな仲良し! これからも一緒に頑張りましょう。

ジョー

学生シンポジウムについて

 姉歯ゼミブログをご覧の皆様、こんにちは。


 今回は、11月20日に駒澤大学で開催される、「学生シンポジウム」についてです。

 学生シンポジウムは、駒澤大学の多様な学部のゼミが集まり、テーマごとに分科会に分かれて発表・討論を行う行事です。経済学部ゼミナール連合会の主催で昨年度から始まり、今年で第2回を迎えます。学部・学科の壁を超えて幅広い知識を学ぶことで大学生にふさわしい教養をつけ、その得た知識を自分の分野の研究に活かしてより良いものにしていくことが主な目的です。同時に、駅伝などのスポーツだけでなく学問の面からも駒澤大学を盛り上げようという狙いもあります。
 第1回開催の様子がこのブログの2015年11月分の記事にありますので、そちらもご覧ください。


 姉歯ゼミは明石ゼミと合同でこのシンポジウムの運営を行っています。現在、参加ゼミを募集しており、少しでも多くのゼミに参加してもらえるように、各ゼミの先生のところへお願いに伺っています。


この趣意書を持って説明に伺っています。



  今回の全体のテーマは「21世紀の日本のあり方を考える」なので、幅広い学部のゼミに参加していただいて、活発な討論を行うことを目標としています。もちろん、姉歯ゼミもテーマごとにチームを組んで参加いたします。
 参加ゼミの募集は7月31日まで行っています。6月30日の12時20分から1-404教場でシンポジウムの説明会を行いますので、参加してみたいというゼミ生の方がいらっしゃいましたら、ぜひお越しください。
 

 また、発表者としての参加だけでなく、討論の様子を観覧することもできます。観覧料等は一切かからないので、興味がある方はお気軽にお越しください。
 以下、シンポジウムの詳細です。

<学生シンポジウム詳細>

 [開催日時]
  2016年11月20日
  開場および受付開始:11時半~  開会式:12時半~  発表開始:13時~

 [場所]
 開会式:9号館教場
 発表場所:9号館教場



 多くの方々の参加・観覧をお待ちしております。

 

2年 宇佐美

コメント