スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

韓国合宿! 2日目!

みなさん!こんにちは!
あっという間に9月になりました!長いはずの夏休みも終わってしまい、大学の後期の授業も始まりました…!


さて今回も引き続き、
姉歯ゼミ夏合宿の様子をお伝えします!!2日目はゆりが担当します!

2日目はどんなことがあったかというと…
西大門刑務所歴史館  ↓ 戦争と女性の人権博物館の見学  ↓ 自由行動を経て… ↓      現地の方々(詳細は改めて!)との夕食会
…この日もまた盛りだくさんな1日でした!


見学地の内容はヘビーなものが多いのですが、歴史の事実を確認することが今回の合宿のひとつの目的でもあったので、お付き合いいただけたら幸いです!

前半は見学メインの「学習編」、
後半はその後の「自由行動・夕食会編」と題して書き進めたいと思います!

写真も合わせながら紹介していきます!


~学習編~
まずは…


名前からも分かるように、
もともとは刑務所として実際に使われていた場所です(1908〜1987年)。


日本の占領化時代は「京国監獄」という名称で

日本の植民地下では日本からの独立を目指す運動を起こそうとした人、
光復(日本からの独立)後は民主化運動家といった人々が収容されました。


姉歯先生がおっしゃった「韓国に行ったらここには行くべき」という意味が、
見学後、少し分かった気がします。


ここでは私が特に印象に残ったことを3つ挙げたいと思います。

牢屋や絞首刑場、当時の資料…多くのものがありましたが、
一番は、拷問部屋です。

本などで「拷問があった」といった表現を見ることはありましたが、
実際に再現されたコーナーで、目の前にするとこう…言葉にできないような思いがこみあがってきました。


2つ目は、メモリアルホールという、5000もの受刑記録表を通して、西大門刑務所で獄苦を経験して殉国した独立運動家を記録を通しその歴史を振り返る場所です。


単に数字で「5000」と記載されているよりもインパクトが強いのだろうなと思いました。


3つ目は、外にあった「大韓獨立」の文字です。
写真に写っている物自体は展示物ではないのですが、

当時のまま残っているものだからこそ、

国民の意志、これが当たり前だったのだろうな…などと考えさせられました。



もう1つの見学地は
戦争と女性の人権博物館というところです。


ここは国立の博物館というわけではなく、
多くの人からの援助を受けて民間で…

春休みの途中経過...

お久しぶりの投稿となります。


現在就活とゼミで大変な私ですが(笑)、両方とも頑張って取り組んでいきたいと思います。

まぁ私情の話は置いといて、なんと新入生の最初の発表が先週終わりました。
形式はレジュメで一人当たり20分で発表してもらい、質疑応答をするものでした。TPPや難民問題、バーチャルドクター、アメリカの利上げなどビックイシューからの記事のため、タイムリーなものが多く議論は盛り上がりました。

今回発表した目的は、現在の完成形を発表することで指導担当の先輩以外から様々な意見をいただき、春合宿までにブラッシュアップするためです。
現在は新入生は新たな記事をピックアップしてレジュメ作成を行う上に、前回のレジュメの修正もしなければならないなど大変です。私たち先輩は誰もが経験したことなので、是非頑張ってほしいところです。

ついでに、私は韓国で初めてできたジャン・バルジャン銀行についてレジュメを作ろうと思っております。ジャン・バルジャン銀行とは、あの有名な小説「レ・ミゼラブル」からもじったものであり、貧困層のために立ち上げられた銀行のことです。韓国では現在不当な罰金制度があり、貧困層は一括してお金を払えないため、労働場に送られてしまいます。こうした状況を打開するために融資をする機関がこちらなのです。

そもそも、お金のない人になぜ融資できるのか?など疑問はあるでしょうが、この銀行は人を信用してお金を貸す銀行なのです。この点が従来の金融機関と違って先進的ですよね!
これ以上言うと面白くないので(笑)、今日はここ等辺で終わりにします。春合宿が終わったら結果を報告しますのでお待ち下さい。



経済学部 3年 室伏

コメント