スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

韓国合宿! 2日目!

みなさん!こんにちは!
あっという間に9月になりました!長いはずの夏休みも終わってしまい、大学の後期の授業も始まりました…!


さて今回も引き続き、
姉歯ゼミ夏合宿の様子をお伝えします!!2日目はゆりが担当します!

2日目はどんなことがあったかというと…
西大門刑務所歴史館  ↓ 戦争と女性の人権博物館の見学  ↓ 自由行動を経て… ↓      現地の方々(詳細は改めて!)との夕食会
…この日もまた盛りだくさんな1日でした!


見学地の内容はヘビーなものが多いのですが、歴史の事実を確認することが今回の合宿のひとつの目的でもあったので、お付き合いいただけたら幸いです!

前半は見学メインの「学習編」、
後半はその後の「自由行動・夕食会編」と題して書き進めたいと思います!

写真も合わせながら紹介していきます!


~学習編~
まずは…


名前からも分かるように、
もともとは刑務所として実際に使われていた場所です(1908〜1987年)。


日本の占領化時代は「京国監獄」という名称で

日本の植民地下では日本からの独立を目指す運動を起こそうとした人、
光復(日本からの独立)後は民主化運動家といった人々が収容されました。


姉歯先生がおっしゃった「韓国に行ったらここには行くべき」という意味が、
見学後、少し分かった気がします。


ここでは私が特に印象に残ったことを3つ挙げたいと思います。

牢屋や絞首刑場、当時の資料…多くのものがありましたが、
一番は、拷問部屋です。

本などで「拷問があった」といった表現を見ることはありましたが、
実際に再現されたコーナーで、目の前にするとこう…言葉にできないような思いがこみあがってきました。


2つ目は、メモリアルホールという、5000もの受刑記録表を通して、西大門刑務所で獄苦を経験して殉国した独立運動家を記録を通しその歴史を振り返る場所です。


単に数字で「5000」と記載されているよりもインパクトが強いのだろうなと思いました。


3つ目は、外にあった「大韓獨立」の文字です。
写真に写っている物自体は展示物ではないのですが、

当時のまま残っているものだからこそ、

国民の意志、これが当たり前だったのだろうな…などと考えさせられました。



もう1つの見学地は
戦争と女性の人権博物館というところです。


ここは国立の博物館というわけではなく、
多くの人からの援助を受けて民間で…

「駒澤大学の隠れた魅力を伝えよう」企画<第1弾>

 未だかつてない企画ですので張り切って参りたいと思います。
この企画は、普段の大学生活だけでは気づくことのない、駒澤大学の隠れた魅力を伝えよう!というものです。今回はその第1弾です。



まずはみなさま、こちらの写真をご覧ください。



 この写真は駒澤大学246会館の入学センターで撮影したものです。綺麗な薔薇のお花がたくさん咲いていますね。様々な色の薔薇があってとても綺麗です。
 見る分には本物と何ら変わらない薔薇の花ですが、実はこの薔薇の花、すべて「折り紙」で作られているんです!
 折り紙で作られていると知ったとき、我々ゼミ生みんな「えぇぇぇぇぇっっ!!」でした。更にすごいことに、この薔薇を作ったお方は、駒澤大学の守衛さんなのです。坂下さんという方で、いつも駒澤大学への通学路で警備や案内をしてくださっている方です。
 我々ゼミ生みんな「えぇぇぇぇぇっっ!!」でした。

 その坂下さんが、我々姉歯ゼミ生のために、薔薇の折り方を教えてくださるということで、先日ゼミにお招きして、見様見真似で薔薇の折り紙を作ってみました。ちなみに、薔薇の折り方には何通りかあり、それぞれ難易度(初級・中級・上級)が異なるそうです。今回は一番簡単な初級編の折り方を教わったのですが、我々、作るのに1時間以上かかってしまいました(中には薔薇とは言い難い不気味な何かを作りだし、脱落していく者も・・・)。



駒大生のみなさんでしたら、「あ、この人知ってる!」ってなるかも。




あまりの手つきの器用さにお口ぽかーん状態。

↑小出も頑張ってますよ(左)。


 坂下さんの場合、この薔薇を1つ作るのに、5分とかからないそうです(すごい・・・)
坂下さんに「いつから薔薇の折り紙を折り始めたのですか?」と尋ねてみたところ、わずか「3か月前」というお答えが返ってきました。薔薇の折り紙を作る前は、ずっと「鶴」を折っていたそうで、数年前、駒澤大学野球部が優勝するために頑張っていた時期に、坂下さんは野球部に千羽鶴をプレゼントされていたそうです。後々野球部の方から「あの千羽鶴のおかげで優勝することができました。ありがとうございました。」ってお礼を言われちゃった、といったような裏話もたくさん聞くことができました。 
 また、坂下さんはかかりつけの病院にもこの薔薇の折り紙をプレゼントしているそうで、ある日、病院で受付の方から「坂下さん、薔薇の折り紙がなくなっっちゃって・・・もっと作ってきてくださいよ」と催促されたそうです。自分の体の心配より薔薇の心配をされて切ない気持ちになったと言っておりました(教場が笑いで包まれる)。



姉歯先生も坂下さんから薔薇の折り方を教わりました。

 私自身、もう折り紙には何年も触れていなかったので、もうすっかり唯一自慢できた鶴の折り方も忘れてしまいました。今回久々に折り紙に触れる機会があって、 なんだか小さいころの遊び心を思い出せたような気がします。坂下さんは「勉強ばっかりしてちゃだめで、ときには息抜きも大事」とおっしゃていました。われわれゼミ生は現在論文作成の真っ最中でしたので、良い息抜きとなりました。 坂下さん、ありがとうございました。

  今回は守衛さんの坂下さんについて、ご紹介させていただきました。駒大生のみなさんは、普段の学生生活の中で守衛さんと関わる機会はほとんどないかと思います。ですので、今回は「駒澤大学の隠れた魅力」と題しまして、ブログに書かせていただきました。この企画を通じて、普段の大学生活からは見えてこない方たちの活動などについて、少しでも知ってもらえれば幸いです。第2弾も頑張っていきたいと思います。

 最後に、駒澤大学246会館の受付には坂下さんが作った薔薇の折り紙がもらえるコーナーが設置してあります。坂下さんが毎日3個ずつくらい、薔薇の折り紙を持ってきてプールしてくれるそうで、入学センターに訪れる奥様方には人気となっているそうです。もし興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか?






では、第2弾もお楽しみに。


4年 小出

コメント