スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

映画『マルクス・エンゲルス』

皆さん こんにちは



今回は…ゼミの皆と一緒に神保町の岩波ホールで 映画『マルクス・エンゲルス』見に行きました。
今年はカール・マルクス生誕200年!それを記念して作られた作品です。

カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスはパリで運命の出会いを果たしました。
物語は2人の青春時代、 そして『共産党宣言』の執筆に打ち込んでいく様子が描かれています。


映画の中身はやはり難しく、事前に先生に教えてくださったからこそ、 時代背景と内容を理解することができました!



神保町は昔から古書堂が多い…ということで 映画を見終わった後、皆と一緒に古本屋さんに行きました。


普段のゼミ活動とまたひと味ちがう、有意義な日になりました。 お疲れ様でした。
ジョー & yuri

学生シンポジウムの様子 11月15日

 11月15日、学部を超えて意見を交わす学生シンポジウムが開催されました。学内で他学部と学術交流を行うのは初の試みでありましたが、当日では200名以上の学生が集まり、討論を繰り広げました。
 今回姉歯ゼミ生も討論に加わってきましたので、その様子をお伝えできればなと思います。 





姉歯ゼミ:金融チームの発表

 こちらは我々姉歯ゼミ、金融チームの発表風景です。この部屋では金融関係を研究している学生たちが討論しています。このように、同じような研究テーマを持っている学生同士が集まり、各々の研究成果を発表、それについて討論を行います。


 
姉歯ゼミ4年、中居くん。カメラ目線ありがとうございます。



以下、地域活性化班、沖縄の米軍基地問題班、格差問題班の写真です。

姉歯ゼミ:地域活性化班の発表




姉歯ゼミ:沖縄チームの発表




姉歯ゼミ:格差班の発表






 このシンポジウムで、学生の方々はそれぞれの課題を見つけることができたかと思います。討論を通してさまざまな学生の意見から新しい視点を発見することができたのでしたら、今回のシンポジウムは成功したのかなと思います。
 われわれ姉歯ゼミも改めて討論の難しさを実感しました。他の学生の方の鋭い意見などに対し、 うまく反論できなかったり、切り返せなかった場面がそれぞれのチームであったかと思います。そのうまくできなかった「悔しい」と思う気持ちが、今後の勉学の活力になると思いますので、今後の勉強、ゼミ活動、頑張ってまいりたいと思います。


 今回のシンポジウムは近々大学の『学園通信』に掲載されるそうですので、楽しみに待っていてください。







 とりあえず姉歯ゼミは学生シンポジウムという大イベントが終了しましたので、当面、論文作成に明け暮れる日が続くと思います。論文提出期限まであと約1か月。論文提出期限まであと約1か月。
論文提出期限まであと約1か月。論文提出期限まであと約1か月。論文提出期限まであと約1か月。論文提出期限まであと約1か月。論文提出期限まであと約1か月。論文提出期限まであと約1か月。

寝不足なのでこんな文章しか書けませんごめんなさい。
We can do it.


4年 小出

コメント