スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

韓国合宿! 2日目!

みなさん!こんにちは!
あっという間に9月になりました!長いはずの夏休みも終わってしまい、大学の後期の授業も始まりました…!


さて今回も引き続き、
姉歯ゼミ夏合宿の様子をお伝えします!!2日目はゆりが担当します!

2日目はどんなことがあったかというと…
西大門刑務所歴史館  ↓ 戦争と女性の人権博物館の見学  ↓ 自由行動を経て… ↓      現地の方々(詳細は改めて!)との夕食会
…この日もまた盛りだくさんな1日でした!


見学地の内容はヘビーなものが多いのですが、歴史の事実を確認することが今回の合宿のひとつの目的でもあったので、お付き合いいただけたら幸いです!

前半は見学メインの「学習編」、
後半はその後の「自由行動・夕食会編」と題して書き進めたいと思います!

写真も合わせながら紹介していきます!


~学習編~
まずは…


名前からも分かるように、
もともとは刑務所として実際に使われていた場所です(1908〜1987年)。


日本の占領化時代は「京国監獄」という名称で

日本の植民地下では日本からの独立を目指す運動を起こそうとした人、
光復(日本からの独立)後は民主化運動家といった人々が収容されました。


姉歯先生がおっしゃった「韓国に行ったらここには行くべき」という意味が、
見学後、少し分かった気がします。


ここでは私が特に印象に残ったことを3つ挙げたいと思います。

牢屋や絞首刑場、当時の資料…多くのものがありましたが、
一番は、拷問部屋です。

本などで「拷問があった」といった表現を見ることはありましたが、
実際に再現されたコーナーで、目の前にするとこう…言葉にできないような思いがこみあがってきました。


2つ目は、メモリアルホールという、5000もの受刑記録表を通して、西大門刑務所で獄苦を経験して殉国した独立運動家を記録を通しその歴史を振り返る場所です。


単に数字で「5000」と記載されているよりもインパクトが強いのだろうなと思いました。


3つ目は、外にあった「大韓獨立」の文字です。
写真に写っている物自体は展示物ではないのですが、

当時のまま残っているものだからこそ、

国民の意志、これが当たり前だったのだろうな…などと考えさせられました。



もう1つの見学地は
戦争と女性の人権博物館というところです。


ここは国立の博物館というわけではなく、
多くの人からの援助を受けて民間で…

夏合宿2日目。

 合宿2日目が終了いたしました。
2日目はとてもハードな日程でしたが、勉強になることがたくさんありました。

 まず最初に行ったところは、嘉数高台公園です。ここは、普天間飛行場が一望できる高台で、過去、沖縄戦で激戦地になったところです。 普天間飛行場の方を見てみると、滑走路に配置されているオスプレイやさまざまな戦闘機を見ることができました。私たち本土の人間が、めったに見ることができない光景です。まさに「非日常」という感じでした。




嘉数高台から見ることができた普天間飛行場(基地の返還が決まっているのに、最近はどんどん滑走路を拡張しているそうです。)




 普天間飛行場に隣接している沖縄国際大学にも行きました。ここは2004年、大学に米軍ヘリが墜落したことでも有名です。今でも下の写真のように、破壊された大学の壁を、当時のままに残しており、事故の悲惨さをみることができました。

当時破壊された大学の壁。写っている黒い線は米軍ヘリのプロペラが壁を削った痕らしいです。生々しい。




  そして、今回の合宿の目玉である、辺野古へも行ってきました。この場所は本当に自然が豊かな場所だと知り、まさに「宝の海」であると思いました(本当にきれいです)。一方で辺野古基地建設を進める政府と、それをとめようとしてる反対運動の方々との緊張状態が今でも続いています。こんなきれいな海を埋め立てて,新しい基地を建設してしまうと、どれだけの環境破壊が起こってしまうのか。ガイドをしてくださった琉球大学の亀山先生も、「本当はマングローブの病気を研究していたのに、気がついたら基地問題にたどり着いていた」とおっしゃっておりました。基地と環境は深く結びついていること、そして基地による環境破壊は限度がないだろうと再確認いたしました。

辺野古の砂浜でガイドを受けるゼミ生





 午後からは、琉球大学の徳田ゼミの方々と一緒に、沖縄の基地問題について意見交換を行いました。われわれ姉歯ゼミ生は、これまで夏休み中に行ってきた沖縄の勉強の時に生まれた疑問や、今回の合宿で思ったことなどなど、素直に意見ぶつけました。姉歯ゼミ生(本土の住民)としても、沖縄の方々の基地問題に対する考えを聞けて良かったですし、徳田ゼミの方々も、普段基地について語ることは無かったと言っておりましたので、お互いに打ち解けるいい機会だったのかなと思います。なにより、同年代の方々と基地問題について話せたことが、何よりもうれしいことでした。


 この交流会が終わった後、お疲れ様会もかねて、一緒に飲み会を行いました。
飲み会では、意見交換会の時のような、かしこまった雰囲気ではなく、みなゼミや学年かかわらず、さまざまなお話をすることができました(個人的には徳田ゼミのゼミ長さんの恋愛話が気に入っております)。
徳田ゼミの方々、また沖縄へ行く機会がありましたら、一緒に交流しましょう。
  
 

4年小出


コメント