スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

講演会を終えて・・・

みなさん!こんにちは!!

7月ももうすぐ折り返し地点!
大学生にとってはレポートや試験に追われる時期ですね...


さて!

先日、7月10日に
お伝えしていた講演会が行われました!!

その様子をお伝えしていくのですが・・・

「とにかく参加できて良かった」 「歴史を学ぶ意義を改めて感じた」
そのように考えさせられた講演会でした!



講演の内容を簡単にまとめたいと思います!

まず内容です
今回の講演会のテーマの通り「韓国の歴史」と「民主化運動について」でした。


歴史(三国史~朝鮮王朝、日本による占領前後)、民主化運動について

三国志~朝鮮王朝の特徴
1,身分制度:両班(ヤンバン)制、賎民→結婚、職業選べない
2,儒教(儒学)思想
3.農業 :商業等は発達しなかった、農業が高度になったあと貧富の差が拡大した

 ⬇ 日本が朝鮮に対して不平等な条約を押しつけ開国(1876年)

1910年 日本による朝鮮併合

 ⬇ 

1919年 三・一独立運動 ←韓国の現代史に大きく影響!!
始めは北部都市のデモ→全国へ拡大
日本の憲兵の弾圧に対して抵抗し激化した

→独立には至らなかったが、その後に大きな影響を与えた

1930年代
日本が戦争を始め、朝鮮への支配が高まった
→慰安婦の問題等今も残っている

日本の監視によってハングル、歴史、名前がなくされた

 ⬇ 日本からの解放後・・・

第二次世界大戦の終わり→冷戦によって朝鮮戦争へ(1950~52)



政治に関して

1987年6月、光州で始まった「民主抗争

民主化以後の20年間・・・
金大中(キムデジュン)大統領の太陽政策など
言論の自由(民主化)の始まり

2008年~2017年:冷戦の考え方(民主化ダウン)
(李明博(イミョンバク)大統領、その後の朴槿恵(パククネ)大統領)


 ⬇

民主化運動

きっかけ:チョッブル(ろうそくの火)デモ(2016~17年)
参加者は若い人が中心!
→若者、学生、小さな子供を連れた親など

韓国の国民自身が、戦争ではなく平和の道へ歩み出した!!


金先生が繰り返し強調していたことが・・・


「冷戦から平和へのパラダイム転換が大切」 「そのために南北間のコミュニケーションが必要」
ということでした!


今回の講演会で様々をなことを考えさせられました!
私は、韓国と日本での若者の政治の参加(金先生は「参与」とお話されていました)の違いに大変…

インナー大会参加表明。



みなさんこんにちは! 姉歯ゼミ4年の中居史貴と申します。
この度はみなさんに姉歯ゼミのインナー大会出場の報告をしたくこの場をお借りしました。

さて、インナー大会と申しましてもピンと来ない方もいらっしゃると思うので概要を説明させて頂きます。インナー大会を簡単に説明すると、関東の様々な大学が集まって討論する大会です。中央大学や上智大学など有名なところも結構きていますよ。駒澤大学からも我々以外にも出場されるゼミもあります。

私たちのゼミは2チームに分かれて出場することになりました。1つ目はアベノミクスに関して討論を行います。アベノミクスが発動されてから幾分か時間がたちましたが、その効果については様々な議論や情報があります。やれ株価が上がったの、賃金は上がって無いだの…。果たして真偽はいかなるものなのか、これを討論していくことがこのテーマの核です。なかなか討論の題材としては格好だと思います。

2つ目は外国人労働者問題について討論をします。外国人労働者の問題はみなさんも耳にしたことがあるかと思いますが、これがなかなか目につく機会もないし、表沙汰にならないのでいまいちピンと来ないかもしれません。しかし、彼らの実態を見てみると、まともな賃金が支払われていなかったり、まともな職に就けないなど大変な状況にあることがわかります。なぜこのようなことになったのか、どうしたらいいのか、これらのことを考えていくことがこの討論のポイントですね。

討論会は1122日にあります。興味がおありでしたら、あなたもゼミの人をさそってみてはいかがでしょうか?

コメント