スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

講演会を終えて・・・

みなさん!こんにちは!!

7月ももうすぐ折り返し地点!
大学生にとってはレポートや試験に追われる時期ですね...


さて!

先日、7月10日に
お伝えしていた講演会が行われました!!

その様子をお伝えしていくのですが・・・

「とにかく参加できて良かった」 「歴史を学ぶ意義を改めて感じた」
そのように考えさせられた講演会でした!



講演の内容を簡単にまとめたいと思います!

まず内容です
今回の講演会のテーマの通り「韓国の歴史」と「民主化運動について」でした。


歴史(三国史~朝鮮王朝、日本による占領前後)、民主化運動について

三国志~朝鮮王朝の特徴
1,身分制度:両班(ヤンバン)制、賎民→結婚、職業選べない
2,儒教(儒学)思想
3.農業 :商業等は発達しなかった、農業が高度になったあと貧富の差が拡大した

 ⬇ 日本が朝鮮に対して不平等な条約を押しつけ開国(1876年)

1910年 日本による朝鮮併合

 ⬇ 

1919年 三・一独立運動 ←韓国の現代史に大きく影響!!
始めは北部都市のデモ→全国へ拡大
日本の憲兵の弾圧に対して抵抗し激化した

→独立には至らなかったが、その後に大きな影響を与えた

1930年代
日本が戦争を始め、朝鮮への支配が高まった
→慰安婦の問題等今も残っている

日本の監視によってハングル、歴史、名前がなくされた

 ⬇ 日本からの解放後・・・

第二次世界大戦の終わり→冷戦によって朝鮮戦争へ(1950~52)



政治に関して

1987年6月、光州で始まった「民主抗争

民主化以後の20年間・・・
金大中(キムデジュン)大統領の太陽政策など
言論の自由(民主化)の始まり

2008年~2017年:冷戦の考え方(民主化ダウン)
(李明博(イミョンバク)大統領、その後の朴槿恵(パククネ)大統領)


 ⬇

民主化運動

きっかけ:チョッブル(ろうそくの火)デモ(2016~17年)
参加者は若い人が中心!
→若者、学生、小さな子供を連れた親など

韓国の国民自身が、戦争ではなく平和の道へ歩み出した!!


金先生が繰り返し強調していたことが・・・


「冷戦から平和へのパラダイム転換が大切」 「そのために南北間のコミュニケーションが必要」
ということでした!


今回の講演会で様々をなことを考えさせられました!
私は、韓国と日本での若者の政治の参加(金先生は「参与」とお話されていました)の違いに大変…

第2回 ゼミ討論会を行いました

 昨年の11月に行った、第1回ゼミ討論会の反省を活かし、我々姉歯ゼミは第2回ゼミ討論会に望みました。今回の討論会では、前回に引き続き、小西ゼミさんの方々に参加していただきました。小西ゼミさんは今回、2.3.4年生の方々が参加をしてくれたおかげで、ずいぶん場が盛り上がりました。彼らのゼミは一学年約15人いるそうなので、我々姉歯ゼミとは大違いです、、、。



開会式の様子


 今回の発表者は、我々姉歯ゼミから新4年高畑と齊藤の2人でした。高畑は「骨太の方針とアベノミクス」について、斎藤は「アベノミクスにおける農業政策」についてそれぞれ発表をしました。
小西ゼミの方々からも積極的に質問や意見をいただいたおかげで、より熱い議論が出来たと思います。

 そして最後には、今回我々が新しく取り入れた「テーマディスカッション」も行いました。この試みは、それぞれテーマに沿って議論してもらうことはもちろん、これから新しくゼミに入ってくる新2年生にも議論に参加してもらい、少しでもゼミの雰囲気を知ってもらおうと思い、行ったものであります。



それぞれの意見交換をおこなっております。意見をまとめる司会の役割は重要ですね。





 
 姉歯ゼミ・小西ゼミの新2年生は、今回の討論会で、ある程度はゼミの雰囲気というものを味わえたかと思います。我々の部長も言っておりましたが、最後に行った、「テーマディスカッション」などは、学生同士が「あーだこーだ」と意見をぶつけ合って議論する、これこそが大学生としての醍醐味だと思います。今回の討論会で、また新たに反省点、課題などが見えてきたと思いますので、私たちはまた後ほど反省会ですね。
 


 最後に、小西ゼミの方々、毎回我々主催の討論会に参加をしてくださってありがとうございます。会場設備などを手伝っていただき、とても助かりました。また機会がありましたら、ぜひ討論会を行いましょう。
また、前回に引き続き、討論会係の方々はお疲れ様でした。 
 
次回の討論会もがんばりましょう!








最後にみんなで記念写真を撮りました。(※小出は撮影者なのでいません)




新4年 小出

コメント