スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

韓国合宿! 2日目!

みなさん!こんにちは!
あっという間に9月になりました!長いはずの夏休みも終わってしまい、大学の後期の授業も始まりました…!


さて今回も引き続き、
姉歯ゼミ夏合宿の様子をお伝えします!!2日目はゆりが担当します!

2日目はどんなことがあったかというと…
西大門刑務所歴史館  ↓ 戦争と女性の人権博物館の見学  ↓ 自由行動を経て… ↓      現地の方々(詳細は改めて!)との夕食会
…この日もまた盛りだくさんな1日でした!


見学地の内容はヘビーなものが多いのですが、歴史の事実を確認することが今回の合宿のひとつの目的でもあったので、お付き合いいただけたら幸いです!

前半は見学メインの「学習編」、
後半はその後の「自由行動・夕食会編」と題して書き進めたいと思います!

写真も合わせながら紹介していきます!


~学習編~
まずは…


名前からも分かるように、
もともとは刑務所として実際に使われていた場所です(1908〜1987年)。


日本の占領化時代は「京国監獄」という名称で

日本の植民地下では日本からの独立を目指す運動を起こそうとした人、
光復(日本からの独立)後は民主化運動家といった人々が収容されました。


姉歯先生がおっしゃった「韓国に行ったらここには行くべき」という意味が、
見学後、少し分かった気がします。


ここでは私が特に印象に残ったことを3つ挙げたいと思います。

牢屋や絞首刑場、当時の資料…多くのものがありましたが、
一番は、拷問部屋です。

本などで「拷問があった」といった表現を見ることはありましたが、
実際に再現されたコーナーで、目の前にするとこう…言葉にできないような思いがこみあがってきました。


2つ目は、メモリアルホールという、5000もの受刑記録表を通して、西大門刑務所で獄苦を経験して殉国した独立運動家を記録を通しその歴史を振り返る場所です。


単に数字で「5000」と記載されているよりもインパクトが強いのだろうなと思いました。


3つ目は、外にあった「大韓獨立」の文字です。
写真に写っている物自体は展示物ではないのですが、

当時のまま残っているものだからこそ、

国民の意志、これが当たり前だったのだろうな…などと考えさせられました。



もう1つの見学地は
戦争と女性の人権博物館というところです。


ここは国立の博物館というわけではなく、
多くの人からの援助を受けて民間で…

ゼミ生の論文紹介 その①

 


 現在、姉歯ゼミ生は論文作成に必死になっております。私たちのゼミでは、この1年間の総括として、12月に行われる駒澤大学経済学部主催の「奨 学論文」に参加します。学生たちが提出論文の中でそれぞれの内容の出来を競います。我々のゼミからは主に1人1つの論文を書いているので(中には複数人で 1つの論文を書いているとろこもあります)、計13の論文が出来上がる予定です。 今回から、ゼミ生1人1人がどのような内容で論文を作成しているのかを紹介していこうと思います。  まずは3年生と斉藤龍馬君からです。




 経済学科 3年 齊藤龍馬





 私が今書いている論文のテーマは「農業衰退の歴史的分析 アベノミクスにおける農業政策の検証」です。 簡単に説明すると、農業の衰退が日本の経済発展と引き換えに引き起こされたことを踏まえて、今回のアベノミクス農政の政策は何のために実施されるのかを検 証していく論文です。 その論文作成に使用している参考文献を1つ紹介したいと思います。





 『ここが間違っている!日本の農業問題』 鈴木宜弘・木下順子著









 この本を読むと、日本の農業問題の誤解が解けます。例えば、日本の農業は決して補助金漬けではないことや、ほかの国では日本以上に農業が国によって保護さ れていることがわかります。 日本の農業が諸外国と比較してどれほど農業が軽視されてきたことを検証するために、この本を読むことは欠かせないト思います。以上で私の論文紹介を終わります。




龍馬くんありがとうございました。





 次に、私小出が書いている論文の紹介をしようと思います。私の書いている論文のテーマは「補助金と地域再生―沖縄と福島に焦点をあてて―」です。「本当に国から与えられる補助金によって衰退している地域は再生できるのか」ということを検証する内容になっています。沖縄と福島という2つの地域にはどちらも国から与えられる補助金に依存しているという共通点があります。昨年のゼミ活動で私は沖縄の経済問題について研究しました。そのことを活かし、今年は福島の原発問題と絡めて研究してきました。

 私が論文作成に使用している参考文献は、



『この国はどこで間違えたのか―沖縄と福島から見えた日本―』徳間書店 です。














 この本を読めば、沖縄、福島という地域がどのような経緯で補助金依存体制になったのか、米軍基地、原発という2つの国策はどのような犠牲の上で成り立っているのかなどを知ることが出来ると思います。






 また、私が論文作成に使っている必需品は、

















『論文作成ガイド』です。昨年からお世話になっております。このガイドを読めば、どのような手順で論文を作っていけば良いのか、書き方などをわかりやすく説明してくれています。今年もだいぶ役にたってますね。





 このように、今回からは毎回2,3人ずつのゼミ生がつくっている論文紹介コーナーを設けたいと思っています。ゼミ生たちは様々なテーマで論文を作っているので、ぜひ次回以降みていただけると幸いです。












 最後に告知です。



 我々姉歯ゼミ主催の学内ゼミとの討論会が11月29日土曜日に開催されます。
参加ゼミは姉歯ゼミ、小林ゼミ、小西ゼミの計30名程で行います。討論のテーマは、金融、リーマンショック、アベノミクス、地域活性化、労働などなど様々です。



時間は13:00~未定(最大18時まで)で2つの会場に分かれて討論をする予定です。


場所は第2研究館2階205と207で行います。



見学は自由ですので、興味のある方は是非討論会の様子を見に来てくださいね。







では次回の更新をお楽しみに。


3年小出






コメント