スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

講演会を終えて・・・

みなさん!こんにちは!!

7月ももうすぐ折り返し地点!
大学生にとってはレポートや試験に追われる時期ですね...


さて!

先日、7月10日に
お伝えしていた講演会が行われました!!

その様子をお伝えしていくのですが・・・

「とにかく参加できて良かった」 「歴史を学ぶ意義を改めて感じた」
そのように考えさせられた講演会でした!



講演の内容を簡単にまとめたいと思います!

まず内容です
今回の講演会のテーマの通り「韓国の歴史」と「民主化運動について」でした。


歴史(三国史~朝鮮王朝、日本による占領前後)、民主化運動について

三国志~朝鮮王朝の特徴
1,身分制度:両班(ヤンバン)制、賎民→結婚、職業選べない
2,儒教(儒学)思想
3.農業 :商業等は発達しなかった、農業が高度になったあと貧富の差が拡大した

 ⬇ 日本が朝鮮に対して不平等な条約を押しつけ開国(1876年)

1910年 日本による朝鮮併合

 ⬇ 

1919年 三・一独立運動 ←韓国の現代史に大きく影響!!
始めは北部都市のデモ→全国へ拡大
日本の憲兵の弾圧に対して抵抗し激化した

→独立には至らなかったが、その後に大きな影響を与えた

1930年代
日本が戦争を始め、朝鮮への支配が高まった
→慰安婦の問題等今も残っている

日本の監視によってハングル、歴史、名前がなくされた

 ⬇ 日本からの解放後・・・

第二次世界大戦の終わり→冷戦によって朝鮮戦争へ(1950~52)



政治に関して

1987年6月、光州で始まった「民主抗争

民主化以後の20年間・・・
金大中(キムデジュン)大統領の太陽政策など
言論の自由(民主化)の始まり

2008年~2017年:冷戦の考え方(民主化ダウン)
(李明博(イミョンバク)大統領、その後の朴槿恵(パククネ)大統領)


 ⬇

民主化運動

きっかけ:チョッブル(ろうそくの火)デモ(2016~17年)
参加者は若い人が中心!
→若者、学生、小さな子供を連れた親など

韓国の国民自身が、戦争ではなく平和の道へ歩み出した!!


金先生が繰り返し強調していたことが・・・


「冷戦から平和へのパラダイム転換が大切」 「そのために南北間のコミュニケーションが必要」
ということでした!


今回の講演会で様々をなことを考えさせられました!
私は、韓国と日本での若者の政治の参加(金先生は「参与」とお話されていました)の違いに大変…

マルクスの「資本論」の勉強会!!

 
 

 私たちは春から取り組んでいる自分たちが決めたテーマや夏合宿の体験などで踏まえたことを、毎年論文として発表しています。
 しかし今年から新たな取り組みの一環として、テーマ本として決まった本を読んで、理解を深めようとしています。ある時は先生やOB生を入れての勉強会、またある時は学生だけで疑問点などを発表・意見するなど春から取り組み、9月前半で終えることができました。


 ここでは2009年6月30日、株式会社集英社出版の池上彰さん著書『高校生からわかる「資本論」』を取り扱っています。この本はわかりやすく、時には難しい表現もあり、ゼミ生で議論するにはもってこいだと思います。一人では考えず、みんなで意見を交わしより知識を深めていきました。

 
 

 そして、なんとこの勉強会の成果を見るべきテストが10月中に行われると決定したした(汗)
 なので現在ゼミ生だけでサブゼミを開き、テストに控えて復習しています。勉強で培った知識を忘れないための配慮なので、是非頑張っていきたいです。


 話題が変わるのですが、姉歯ゼミでは現在同じ大学内のゼミと討論会をしようと計画しています。詳細はまだ決まっていませんが、決まり次第ブログにアップしていこうと思いますのでよろしくお願いします。


                                              

                                            経済学部2年 室伏大祐


コメント