スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

韓国合宿! 2日目!

みなさん!こんにちは!
あっという間に9月になりました!長いはずの夏休みも終わってしまい、大学の後期の授業も始まりました…!


さて今回も引き続き、
姉歯ゼミ夏合宿の様子をお伝えします!!2日目はゆりが担当します!

2日目はどんなことがあったかというと…
西大門刑務所歴史館  ↓ 戦争と女性の人権博物館の見学  ↓ 自由行動を経て… ↓      現地の方々(詳細は改めて!)との夕食会
…この日もまた盛りだくさんな1日でした!


見学地の内容はヘビーなものが多いのですが、歴史の事実を確認することが今回の合宿のひとつの目的でもあったので、お付き合いいただけたら幸いです!

前半は見学メインの「学習編」、
後半はその後の「自由行動・夕食会編」と題して書き進めたいと思います!

写真も合わせながら紹介していきます!


~学習編~
まずは…


名前からも分かるように、
もともとは刑務所として実際に使われていた場所です(1908〜1987年)。


日本の占領化時代は「京国監獄」という名称で

日本の植民地下では日本からの独立を目指す運動を起こそうとした人、
光復(日本からの独立)後は民主化運動家といった人々が収容されました。


姉歯先生がおっしゃった「韓国に行ったらここには行くべき」という意味が、
見学後、少し分かった気がします。


ここでは私が特に印象に残ったことを3つ挙げたいと思います。

牢屋や絞首刑場、当時の資料…多くのものがありましたが、
一番は、拷問部屋です。

本などで「拷問があった」といった表現を見ることはありましたが、
実際に再現されたコーナーで、目の前にするとこう…言葉にできないような思いがこみあがってきました。


2つ目は、メモリアルホールという、5000もの受刑記録表を通して、西大門刑務所で獄苦を経験して殉国した独立運動家を記録を通しその歴史を振り返る場所です。


単に数字で「5000」と記載されているよりもインパクトが強いのだろうなと思いました。


3つ目は、外にあった「大韓獨立」の文字です。
写真に写っている物自体は展示物ではないのですが、

当時のまま残っているものだからこそ、

国民の意志、これが当たり前だったのだろうな…などと考えさせられました。



もう1つの見学地は
戦争と女性の人権博物館というところです。


ここは国立の博物館というわけではなく、
多くの人からの援助を受けて民間で…

マルクスの「資本論」の勉強会!!

 
 

 私たちは春から取り組んでいる自分たちが決めたテーマや夏合宿の体験などで踏まえたことを、毎年論文として発表しています。
 しかし今年から新たな取り組みの一環として、テーマ本として決まった本を読んで、理解を深めようとしています。ある時は先生やOB生を入れての勉強会、またある時は学生だけで疑問点などを発表・意見するなど春から取り組み、9月前半で終えることができました。


 ここでは2009年6月30日、株式会社集英社出版の池上彰さん著書『高校生からわかる「資本論」』を取り扱っています。この本はわかりやすく、時には難しい表現もあり、ゼミ生で議論するにはもってこいだと思います。一人では考えず、みんなで意見を交わしより知識を深めていきました。

 
 

 そして、なんとこの勉強会の成果を見るべきテストが10月中に行われると決定したした(汗)
 なので現在ゼミ生だけでサブゼミを開き、テストに控えて復習しています。勉強で培った知識を忘れないための配慮なので、是非頑張っていきたいです。


 話題が変わるのですが、姉歯ゼミでは現在同じ大学内のゼミと討論会をしようと計画しています。詳細はまだ決まっていませんが、決まり次第ブログにアップしていこうと思いますのでよろしくお願いします。


                                              

                                            経済学部2年 室伏大祐


コメント