スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

夏ゼミ~スタート

皆さん、 久しぶりの投稿です。  テスト終わって、夏休みに入りました。
 うちのゼミは勉強のゼミのため、週2回程度の集まりで夏休みも同じく進行します。  アンドルー・ゴードンの『日本の200年』の内容に沿って勉強するとともに、事前の学習で朝鮮半島の南北関係等についても勉強します。

  夏休み合宿地が韓国になりましたが、みんな韓国語は出来ないため、ゼミ長とある研究会で知り合った方が当日のどこかで現地を案内してくれるそうです。そして学校まで誘っていただいて交流会を開きました。みんなと自己紹介と韓国について知りたいことなどを話し合いました。

みんな仲良し! これからも一緒に頑張りましょう。

ジョー

三条夏合宿2日目


2日目は朝から合田合同さんと一緒に、耕作放棄地の再生に取り組みました。合田合同さんは、鍬を作っているところで、その人たちの説明の下、農業をしてきました。新潟の土は、粘土質であるため、稲作に適している土地が多いことも合田合同さんにききました。
 みんな汗だくで、小さい面積でしたが、なんとか土を耕すことができました!




様々な農具を使い土を耕していきました




暑さで倒れそうになる4年ゼミ長


 また、棚田百景に選ばれている、北五百川の棚田にも行ってきました。棚田での米作りは普通の田んぼでの米作りよりも遥かに作業が大変であることを学びました。棚田というものは、保水機能など、さまざまな多面的機能を備えており、人々の暮らしを支えています。



棚田を見ながら山を登っております









 


 
 三条市さんは市内にある古い公民館を、宿泊施設に改装する活動を行っています。そこで、私たちはその公民館の改装を少しばかりでしたが手伝ってきました。本当に古い施設でしたが、改装すればいい宿泊施設になるかも?!


来年頃には完成するのかな?? 楽しみですね。

2日目は、農業体験、棚田見学などで、農業の重要性、大変さを学びました。今日知って学んだことをしっかりとまとめて、これからの報告に活かしていこうと思います。
 3日目も頑張ります!!


コメント