スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

講演会を終えて・・・

みなさん!こんにちは!!

7月ももうすぐ折り返し地点!
大学生にとってはレポートや試験に追われる時期ですね...


さて!

先日、7月10日に
お伝えしていた講演会が行われました!!

その様子をお伝えしていくのですが・・・

「とにかく参加できて良かった」 「歴史を学ぶ意義を改めて感じた」
そのように考えさせられた講演会でした!



講演の内容を簡単にまとめたいと思います!

まず内容です
今回の講演会のテーマの通り「韓国の歴史」と「民主化運動について」でした。


歴史(三国史~朝鮮王朝、日本による占領前後)、民主化運動について

三国志~朝鮮王朝の特徴
1,身分制度:両班(ヤンバン)制、賎民→結婚、職業選べない
2,儒教(儒学)思想
3.農業 :商業等は発達しなかった、農業が高度になったあと貧富の差が拡大した

 ⬇ 日本が朝鮮に対して不平等な条約を押しつけ開国(1876年)

1910年 日本による朝鮮併合

 ⬇ 

1919年 三・一独立運動 ←韓国の現代史に大きく影響!!
始めは北部都市のデモ→全国へ拡大
日本の憲兵の弾圧に対して抵抗し激化した

→独立には至らなかったが、その後に大きな影響を与えた

1930年代
日本が戦争を始め、朝鮮への支配が高まった
→慰安婦の問題等今も残っている

日本の監視によってハングル、歴史、名前がなくされた

 ⬇ 日本からの解放後・・・

第二次世界大戦の終わり→冷戦によって朝鮮戦争へ(1950~52)



政治に関して

1987年6月、光州で始まった「民主抗争

民主化以後の20年間・・・
金大中(キムデジュン)大統領の太陽政策など
言論の自由(民主化)の始まり

2008年~2017年:冷戦の考え方(民主化ダウン)
(李明博(イミョンバク)大統領、その後の朴槿恵(パククネ)大統領)


 ⬇

民主化運動

きっかけ:チョッブル(ろうそくの火)デモ(2016~17年)
参加者は若い人が中心!
→若者、学生、小さな子供を連れた親など

韓国の国民自身が、戦争ではなく平和の道へ歩み出した!!


金先生が繰り返し強調していたことが・・・


「冷戦から平和へのパラダイム転換が大切」 「そのために南北間のコミュニケーションが必要」
ということでした!


今回の講演会で様々をなことを考えさせられました!
私は、韓国と日本での若者の政治の参加(金先生は「参与」とお話されていました)の違いに大変…

糸数のアブチラガマ

前後しますが、合宿二日目は沖縄戦跡と基地をフェンス越しに確認する一日でした。
朝8時半ホテル出発で夜8時半ごろ帰着というハードスケジュール。

糸数ではアブチラガマを見学しました。多くの負傷した兵隊や住民が亡くなりました。私たちがガマに入った日は、それまで長いあいだ雨が降らずサトウキビも枯れた状態だったのに、天井からぽたぽたとしずくが落ちていました。湿気と血と糞便、腐敗臭、そして懐中電灯をつけていても先が見えない漆黒の闇の中でどれほど多くの沖縄の人々が息を殺して暮らしていなければならなかったか、暗闇の中に運ばれ、それ以降誰もそこから戻らなかった部屋もある、そんなガマの滑りやすい床を注意深く進む中で、私たちはボタンを見つけました。遺品であろうとのことで、出口の係の方に渡して帰りました。

自分たちがここで暮らせと言われたらどうだろうか・・・死と隣り合わせの毎日を、赤ちゃんを背負った母親がその泣き声が死に直結すると恐れながら、どうやって一瞬一瞬を耐えたのか、前の銃剣、後ろの銃剣におびえる日々を想像しながらのつらい学習でした。
ヘルメットをかぶっていなければ、確実に頭をぶつけるほど。

 米軍ヘリが墜落して炎上した沖縄国際大学の「その時に燃えた木」の記念碑もみました。
 事務職員はたまたま席を外していて無事。自分がいた場所はめちゃくちゃになっていたそうです。
 たまたま近くにいた赤ちゃんとお母さんが、あわてて逃げて自分のいた場所をみたら、ヘリの大きな部品がその場所に落下していました。
沖国大の記念碑、木です(でした)
  普天間基地が見渡せる公園の高台にやってきました。
沖国大はすぐそばでした。

コメント