スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

韓国合宿! 2日目!

みなさん!こんにちは!
あっという間に9月になりました!長いはずの夏休みも終わってしまい、大学の後期の授業も始まりました…!


さて今回も引き続き、
姉歯ゼミ夏合宿の様子をお伝えします!!2日目はゆりが担当します!

2日目はどんなことがあったかというと…
西大門刑務所歴史館  ↓ 戦争と女性の人権博物館の見学  ↓ 自由行動を経て… ↓      現地の方々(詳細は改めて!)との夕食会
…この日もまた盛りだくさんな1日でした!


見学地の内容はヘビーなものが多いのですが、歴史の事実を確認することが今回の合宿のひとつの目的でもあったので、お付き合いいただけたら幸いです!

前半は見学メインの「学習編」、
後半はその後の「自由行動・夕食会編」と題して書き進めたいと思います!

写真も合わせながら紹介していきます!


~学習編~
まずは…


名前からも分かるように、
もともとは刑務所として実際に使われていた場所です(1908〜1987年)。


日本の占領化時代は「京国監獄」という名称で

日本の植民地下では日本からの独立を目指す運動を起こそうとした人、
光復(日本からの独立)後は民主化運動家といった人々が収容されました。


姉歯先生がおっしゃった「韓国に行ったらここには行くべき」という意味が、
見学後、少し分かった気がします。


ここでは私が特に印象に残ったことを3つ挙げたいと思います。

牢屋や絞首刑場、当時の資料…多くのものがありましたが、
一番は、拷問部屋です。

本などで「拷問があった」といった表現を見ることはありましたが、
実際に再現されたコーナーで、目の前にするとこう…言葉にできないような思いがこみあがってきました。


2つ目は、メモリアルホールという、5000もの受刑記録表を通して、西大門刑務所で獄苦を経験して殉国した独立運動家を記録を通しその歴史を振り返る場所です。


単に数字で「5000」と記載されているよりもインパクトが強いのだろうなと思いました。


3つ目は、外にあった「大韓獨立」の文字です。
写真に写っている物自体は展示物ではないのですが、

当時のまま残っているものだからこそ、

国民の意志、これが当たり前だったのだろうな…などと考えさせられました。



もう1つの見学地は
戦争と女性の人権博物館というところです。


ここは国立の博物館というわけではなく、
多くの人からの援助を受けて民間で…

News Weekコラムで「へえ~トリビア」沖縄基地問題



News Weekの日本語版HPは「くす」っとする記事、「なるほど」の記事、「おお、辛辣だぜ」の記事、いずれにしても良く調べてあっておもしろい。

沖縄国際大学に米軍ヘリが墜落した時の写真(沖縄タイムス他)

そんな記事の中に「沖縄の海兵隊」に関するコラムがありました。これは、沖縄海兵隊に密着取材した記者のコラムですが、基地内の海兵隊員には「宜野湾の沖縄国際大学への海兵隊大型ヘリ墜落」も「横須賀の海軍基地で10数人の兵士が薬物使用で摘発」も知らされていない。米兵3名による12歳の少女誘拐、強姦事件については「あのレイプ事件」とだけ語られていて、細かいことは誰も知らない。広報担当は触れたがらない。

なぜかわかりますか?

沖縄の海兵隊員は「南の島で楽しい時間を過ごしてるんだから。給料もらってメシ食って、楽しい時間を過ごすためにここにいるんだ。」…広報官はそういったそうです。隊員たちは名護市辺野古の沖合や北谷町でスキューバダイビングに夢中。

一方、上層部は、「我々のレベルでは、日本の防衛について語り合うことはほとんどない」

あれ?「抑止力」って、なんでしたっけ?

実は、沖縄海兵隊が、山ばかりの沖縄で大規模な訓練を行うことはできないんでそうで、そのためにタイやオーストラリアに「何週間にもおよぶ出張訓練」に出てるんだそうです。総勢1万8千人の海兵隊員のほとんどがいなくなることもある。だから、記者はこう結んでいます。「東アジアでいきなり武力紛争が勃発しても、すぐには駆けつけられない可能性もある」・・・

休日はダイビング、夜はバー、酒を飲んで暴れて、レイプもあり、麻薬もあり、地元の行事に出て交流しても、結局は「アメリカの失業対策、若者に楽しい南の島暮らし体験のご褒美」の陰に沖縄の人たちの昼夜を問わない騒音被害と事件発生の危険との同居、そして観光産業だけに特化させられている実質的差別を対比させて考えると「抑止力だから」「アジアが危ないから」などという言葉の空虚さを感ぜざるを得ません。

ぜひ、本文をお読みくださいな。2ページありますんで。






コメント

  1. 姉歯先生

    記事を拝見しました。
    「楽しい時間を過ごすためにここにいるんだ」
    高校生の修学旅行か!!ってツッコミたくなったのは
    俺だけでしょうか??

    「アメリカから派遣された大使」
    自分達のことでさえ把握出来ていないのに??
    新米兵士と軍曹の間にも高い壁がある感じですね。

    2ページ目の記者とペオリ少佐、稲嶺校長のやりとりも
    どうしてここまで噛み合わないんだろうかっていう位
    お互いに敵対してますね。事前に話し合いをしておけば
    もう少し考慮の余地があったかもしれないのに。

    あまり癒着してはいけないってメディアはよく報道しますけど
    協力や相互理解と癒着をごっちゃにしている気がします。
    お互いの立場を理解した上で今後どうするべきかを
    国民全体の意見を交えながら考えるべきだと俺は考えます。
    (その時はお互いが今までの偏見をなるべく取り払う
     必要がありますが、それが中々難しいもんです。。)

    返信削除
  2. うっちー、

    最近の民主党ドタバタ劇も、支持率のV字回復をみても、沖縄の人たちのことは、うちなんちゅの関心事ではないということでしょうか。これが差別というものだと実感しているところです。リゾートでご機嫌の米兵が飛ばす飛行機が連日住宅を騒音と危険にさらしている…このことをイメージできない米兵はもちろん、沖縄の問題がどこかに行ってしまったような気分になるうちなんちゅも差別者ですね。
    ああ・気がめいる。

    返信削除

コメントを投稿