スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

夏ゼミ~スタート

皆さん、 久しぶりの投稿です。  テスト終わって、夏休みに入りました。
 うちのゼミは勉強のゼミのため、週2回程度の集まりで夏休みも同じく進行します。  アンドルー・ゴードンの『日本の200年』の内容に沿って勉強するとともに、事前の学習で朝鮮半島の南北関係等についても勉強します。

  夏休み合宿地が韓国になりましたが、みんな韓国語は出来ないため、ゼミ長とある研究会で知り合った方が当日のどこかで現地を案内してくれるそうです。そして学校まで誘っていただいて交流会を開きました。みんなと自己紹介と韓国について知りたいことなどを話し合いました。

みんな仲良し! これからも一緒に頑張りましょう。

ジョー

今日は日帰りで、新潟の三条へ



会議のために新潟県の三条市に出張しました。

いつもながら、三条市の「食と農」への取り組みにはエネルギーを感じます。

三条の給食は、三条で採れる野菜は三条のものを使うことを徹底しているので、該当する野菜では三条市産がカロリーベースで9割を超えるのだそうです。すごいですね。



小学館 ビッグコミックオリジナルの
HPより転載


三条の給食のおいしさはいまや全国レベル。

えっと・・・ビッグコミックオリジナルに連載中の、魚戸おさむ絵/北原雅紀脚本『玄米せんせいの弁当箱』という作品で3回連続(今は2回目だそうな)で三条の給食が取り上げられているとのことです。

すごいですね。ゼミ生のどなたか、持ってたら貸して。いや、これは絶対必要だなあ。

勉強になる漫画です。

コメント

  1. 姉歯先生

    残念ながら俺は漫画を読む習慣がありません。

    でも、そんな美味しい給食食べてみたいですね。

    そういえば、こないだTVでやってた給食費未納問題で
    子供の言い訳が「学校の給食が美味しくないから」
    だったような…。親の教育方針を疑います。。

    都会の子供の方が物質的には遥かに豊かなんでしょうけど、
    新潟などの子供の方が精神的に豊かなんでしょうね、きっと。

    返信削除
  2. うっちー、

    学校給食は「学校教育法」に定められた「教育」の一部である以上、私は基本的に給食は無料であるべきと考えています。

    しかも、統計を実際に見てほしいのですが、未納者は貧しい県に多く、さらに、未納者ったって、たかだか1%未満ですよ。

    で、これも「疑え、カッコつきの常識」なのですが、東京都内の給食のほうが、先駆的な素晴らしい給食を実現しているところ(していなところ)も多いのです。要は栄養士、調理師に対する行政の考え方、それに子供たちに食べさせるものには地域とのつながりを、という温かい関係の中ではぐくまれる学校給食へのコンセプトを大事にするかどうか・・・これでしょうか。

    返信削除
  3. 姉歯先生

    久しぶりに教職に身を置いている立場として、
    先生の意見に反論してみようと思います。
    学校の定義は立場によっても変わりますが、基本的には

    ・基礎的な学力向上のための知識・教養を身に付ける

    だと私は考えています。しかし、なぜ塾や家庭教師だけでは
    いけないのか。そこもう1つ学校の存在する意味があって

    ・行事活動などで社会性を養う

    つまり、いくら知識があってもそれを役立てることが
    出来なければ(他者との意思疎通に繋がらなければ)、
    現代社会には適応するのが難しくなります。

    昨年ふれあいまつりでお世話になったH先生の授業で…
    人間には基礎経験が蓄積されて、良い意味でも悪い意味でも
    他者から刺激を受けて、その人が確立していくのです。

    だから、1%未満という割合が問題なのではなく、

    ・滞納している生徒に対して教師が放置をすること
    ・そのような生徒、教師によって、他の生徒に
     どのような影響を及ぼすのかを考えること

    このような問題解決学習が必要なのではないかと思います。
    (ただ、給食費に関しては親が支払うものなので、
     子供に責任を押し付けるのは酷な話であります)

    子供達に良い教育をすること=親が積極的に介入すること
    に最近なっているような気がしてなりません。給食の
    向上なら話は別ですが、現在の親と実際の教師の考え方は
    こんなにも違うものかと驚くことがあります。

    子供の内からある程度道徳的に物事を
    判断するためのチカラは必要だと思います。
    生徒・教師・親の3つの立場が、それぞれ他に依存する
    ことなく、各自が行うべき行動をすれば、現在の教育問題は
    少しずつ解決していくのではないかと考えました。


    長い……。

    返信削除
  4. うっちー、

    私もうっちーの言う「1%未満という割合が問題なのではなく」という意見には賛成です。ただし、うっちーとは異なる意味でですが。

    うっちーは、その1%未満の未納が表す状況は次の二点であると考えています。

    ・滞納している生徒に対して教師が放置をすること
    ・そのような生徒、教師によって、他の生徒に
     どのような影響を及ぼすのかを考えること

    それでは、「滞納している生徒」に対して教師は「どうすべき」と考えるでしょうか?

    また、「なぜ他の生徒に影響が出る」と考えるのでしょうか?学校給食というものの意味はそのようなものであるということであれば、その根拠は?

    そして、もうひとつ、学校給食費未納率第一位は沖縄、第2位は北海道です。沖縄は失業率がワースト2位(1位は大阪で、大阪でも未納率は高い)、北海道は生活保護世帯が全国有数の高さです。そのことをどう考えるのかということです。

    そして、最後に、それでは未納の親の子供は給食を食べる際に排除するべきでしょうか?

    いかがでしょう。

    返信削除

コメントを投稿