スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

映画『マルクス・エンゲルス』

皆さん こんにちは



今回は…ゼミの皆と一緒に神保町の岩波ホールで 映画『マルクス・エンゲルス』見に行きました。
今年はカール・マルクス生誕200年!それを記念して作られた作品です。

カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスはパリで運命の出会いを果たしました。
物語は2人の青春時代、 そして『共産党宣言』の執筆に打ち込んでいく様子が描かれています。


映画の中身はやはり難しく、事前に先生に教えてくださったからこそ、 時代背景と内容を理解することができました!



神保町は昔から古書堂が多い…ということで 映画を見終わった後、皆と一緒に古本屋さんに行きました。


普段のゼミ活動とまたひと味ちがう、有意義な日になりました。 お疲れ様でした。
ジョー & yuri

卒業生のA君と研究会で盛り上がりました。

昨日、研究会に参加しました。なんとA君も参加、仕事の合間に毎日本を読んでいるとのこと。
研究会が始まる前にも、古本屋さんに寄って何冊も本を買ってカバンがいっぱいになっていました。

中央大や立命館の先生たちもA君には期待の目を向けています。
この日は中央大名誉教授の鶴田満彦先生の報告、議論が盛り上がりました。

そして当然ながら、毎回お決まりの場所をかえての討論続行(つまり飲み会でしょうかね)、A君も一緒に参加しました。

A君、また来月の研究会で会いましょう。

コメント

  1. 姉歯先生

    え~来てたんですか?!知らなかった。
    何の連絡もくれなかった。
    俺嫌われてるんだぁ・・・(T□T)(笑)

    今もなお勉強続けているなんて恐ろしい。
    Aさんにはどんなに勉強しても敵わないですね。
    みんなにゼミ長として本読もうとかいう前に
    自分がまず勉強しなければ!!

    他のみなさんはお元気でしょうかねぇ??

    返信削除
  2. うっちー

    来ていたとはいえ、研究会は東経大で開かれたので、さすがに土曜に授業を受けているうっちーは会うことはできません。

    ゼミのことも気にかけていましたよ。誰でも勉強すれば、勉強する目的がはっきり見えれば、そして面白くなるまでの苦労を乗りこえられれば、A先輩と同じく成長できます。

    返信削除

コメントを投稿