スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

「駒澤大学の隠れた魅力を見つけよう」図書館編 その1

夏休みも終わり、後期の講義も始まりました。
夏休みの終わりというと、高3の頃、受験生にも関わらず一日も勉強せず、ひたすらアニメを見まくっていた記憶が思い起こされます。。。

あの時の夏休み明けの焦燥感といったら、、、
周りの「夏休みはめっちゃ追い込んだわ」って会話聞きながら、変な汗出たのを覚えています。


さてさて、そんな個人的な思い出はさておき、今回はいつものブログ記事と一味違います!
というより、かなり力を入れて書きましたので、いつも以上に味わって読んでもらえればと思います!


以前(けっこう前ですが、)、「駒澤大学の隠れた魅力を見つけよう」http://anehazemi.blogspot.jp/2015/12/1.html)という企画で記事を書いたことがありました。
今回はその続編となります。姉歯ゼミによる駒大の魅力発掘、2年越しの第二弾です!

そこで、今回は駒澤大学の知を支える拠点、駒澤大学図書館への取材を行いました! 普段、みなさんが使用している図書館について、姉歯ゼミ生の独断と偏見によってその魅力を再発見しようという企画であります。
取材にご対応いただきました図書館員の方々、本当にありがとうございました。 (しかも2度に渡って、、、お忙しいところお手数かけました。。)






さて、今回(全3回シリーズの予定)は、図書館内部の魅力について、図書館員の方々の案内と共に迫っていきたいと思います。
(参照) 《駒澤大学図書館ウェブサイト》 https://www.komazawa-u.ac.jp/facilities/library/
それでは、それぞれの階ごとを順々にみていきましょう!

※なお、通常館内では写真撮影は禁止です。
 今回は許可を得て撮影しています。

〈図書館1F〉
図書館1Fにはまず、新聞や雑誌などが置かれているスペースがあります。
新聞は各紙取りそろえてあるので、読み比べもできます。 (新聞とってない貧乏学生の筆者には大変ありがたい。。。)
朝は近くのソファに腰掛けながらゆっくりと新聞を読む、落ち着きます。
よい一日の始まりです。


また、雑誌コーナーも充実。
経済学部の姉歯ゼミにとっては、「日経ビジネス」「東洋経済」「週刊ダイヤモンド」などなど、経済関係の雑誌も取り揃えてあるため、週一でチェックします。

また、1Fでは定期的に「企画展示」も行っています。
この企画展示、もしや皆さんは何となく素通りしては…

最新の投稿

中間報告の準備に明け暮れた夏休み

夏合宿5日目&6日目レポ

夏合宿レポ4日目